コンテンツへスキップ

前へ ホームへ 次へ

 

第3章 愛と誠。デッド・オア・ラブ 学級裁判編Ⅰ

 

コトダマリスト

 

【モノクマファイル1】

被害者は”超高校級の柔術家” 前谷 光太。死体発見現場は宿屋の1階。死亡推定時刻は午前4時30分頃。死因は後頭部の外傷。頭蓋骨の陥没骨折により即死。死亡後、ナイフによって全身を激しく損傷している。

【モノクマファイル2】

被害者は”超高校級の歌姫” 夕神音 美久。死体発見現場は”大富豪の家”の南にある別荘。目立った外傷はない。

【夕神音の歌】

明け方 5時頃 教会から聞こえていた。祝里、松井が大富豪の家 自室で聞いている。

【別荘の窓】

別荘には、中の様子を覗くことができる小窓がある。開閉できない。

【別荘の鍵】

夕神音の死体の近くで発見された金色の鍵。表面の金箔はとてもはがれやすい。死体発見時、別荘は内側から鍵が掛けられていた。死体発見前日の朝は大富豪の家の玄関にあった。

【ポケットの金箔】

夕神音のドレスのポケット部分 内側に金箔が付着している。

【割れたビン】

夕神音の死体近くに落ちている破片。黒いビンでパッケージなどは付いていなかったようだ。

【ヘビの人形】

2回目の事件で郷田が握っていたものと同じ小型のヘビの人形。別荘の外に落ちていた。重さは50gほど。

【ハンマー】

前谷の死体近くに落ちていた。致命傷となった後頭部への一撃に使われたと思われる。

【ナイフ】

前谷の死体付近に落ちていた小型のナイフ。刃の部分全体に血が付着している。

【死体を包むシーツ】

死体を包んでいたシーツ。血で染まり、ナイフの穴が無数に空いている。

【血の付いた人形】

広場の茂みにあった大きい人形。布団とシーツでローズが作り、前谷が朝練に使用していた。血が付着している。

【永本のヘッドホン】

ノイズキャンセラー付きのヘッドホン。耳に付けていると外界の音がほぼ聞こえなくなる。

【カセットレコーダー】

前のステージで天海が牛の人形の中から発見した小型のカセットレコーダー。天海から永本に贈られた。死体発見前日から当日の朝まで永本の手から離れている。

【焼けた紙】

大富豪の家 客間の暖炉から発見した質感の良い紙。焼け跡から『みんな寝不足』という文字が読み取れる。

【広場の血痕】

広場には血が流れた痕跡がある。かなりの出血量だったらしい。

【佐藤の証言】

佐藤は死体発見前日の自由時間ずっと広場にいた。事件前日、木野以外は屋外に探索に出ていた。

 

学級裁判 開廷

 

「では、最初に学級裁判の簡単なルールを説明しておきましょう!オマエラの中には殺人を犯したクロがいます。 」

 

 「この学級裁判では”誰が犯人か”を議論し、その結果はオマエラの投票により決定されます。 正しいクロを指摘できればクロだけがおしおき。もし間違った人物をクロにしてしまった場合は…」

 

「クロ以外の全員がおしおきされ、みんなを欺いたクロは晴れて卒業できます!それでは、フィーバー狙っていきましょう!学級裁判の開廷でーす!!」

 

 

「…とりあえず、今回の事件について振り返っておきましょう。」

 

「今回の事件の被害者は2人っすね。”超高校級の柔術家” 前谷 光太君と、”超高校級の歌姫” 夕神音 美久さん。」

 

「別々の場所で発見されたね…。」

 

「Fチームの前谷君がBチームの宿舎。Bチームの夕神音さんがFチームしか入れない大富豪の別荘だね。」

 

「前谷さんは、鈍器で撲殺された後…ナイフでめった刺しにされていましたわ。おかわいそうに。」

 

「まるでシロガネ事件です。」

 

「夕神音の死因はモノクマファイルに書いてなかったな。」

 

「こーたに比べて綺麗な状態だったよね。苦しんだ様子もないし、寝てるみたいだった。」

 

「彼女の死体発見時は内側から鍵が掛かってたよね。……2回目の事件と同じで。」

 

「……。」

 

「今回は被害者2人のうち、後に亡くなった方のクロを見つけなければなりませんでしたね。」

 

「ああ。死体の発見現場が違うからね。同一犯ではない可能性もある。」

 

(2つの事件…犯人が違うってことがあるのかな…。)

 

「哀染君。」

 

(考え込んでいると、隣から声がした。)

 

「今はどちらが先に殺されたのか…これに集中してもいいと思うっす。」

 

「う、うん。そうだね。」

 

「サキに死んだのは、どちらデスカ?」

 

 

 

ノンストップ議論開始

 

「モノクマファイルによると、前谷くんの死亡推定時刻は明け方4時半頃でしたね。」

 

「夕神音さんの死亡推定時刻は…書かれていないね…。」

 

「時刻は分かんねーけどさ。前谷、夕神音の順番じゃねーか?」

 

「ワタシもそう思いマス。前の事件、シロガネ、ゴウダの順番デシタ。」

 

「えっと、今日みくか、こーた…2人を見た人…いないよね。」

 

「これでは夕神音さんの死亡時刻が特定できないね。」

 

 

【モノクマファイル】→2人を見た人

【夕神音の歌】→2人を見た人

【夕神音の歌】→死亡時刻が特定できない

 

 

 

「えーと、あたしも、あたしなりに頑張って考えてるんだけど…。」

 

(考えるの邪魔しちゃったかな…。)

 

 

back

 

 

 

「それは違うよ。」

 

「美久の歌は朝 聞こえてたんだ。栞と麗ノ介君が聞いてたよね。」

 

「え?あ、そうだ。今朝5時頃、起きてすぐ聞いたよ。廊下の窓 開いてたからね。」

 

「ああ。そうだったね。」

 

「じゃあ、夕神音さんのクロを見つけることが今回のミッションですね。」

 

「ふむ。夕神音さんの現場の謎を見つけるのは骨が折れそうだ。」

 

「犯行時刻も死因も分からないし…密室の謎も残ってるよね…。」

 

「密室…夕神音さんを殺害後、犯人が密室を作ったんですよね。一体どうやって?」

 

 

 

ノンストップ議論開始

 

「鍵は夕神音さんの近くに落ちていたね。完全なる密室殺人だよ。」

 

「また密室殺人デスか。また扉に細工しマシタか?」

 

「でも今回は閂じゃねーからな…。鍵を掛けた後、窓から投げ入れた…とかじゃねーか?」

 

「今度こそ地下からブス!じゃない!?」

 

「えーと…みくは外で襲われて、別荘に逃げ込んだ…とかは?」

 

 

【別荘の鍵】→扉に細工

【別荘の窓】→窓から投げ入れた

【別荘の窓】→別荘に逃げ込んだ

 

 

 

「哀染さん…密室続きで疲れちゃったよね…。あのね、今は『密室殺人』についての議論だから…ごめんね。」

 

(密室続きって何だろう?……もう1度考えてみよう…。)

 

 

back

 

 

 

「それは違うよ。」

 

「別荘の窓は開け閉めできなかったよね。」

 

「そうそう。まるで空間に固定されているかのようにね。」

 

「あーわりぃ。そうだったな…。」

 

「謝ることないよ。」

 

「様々な視点からの意見を出すことは重要だと思うがね。」

 

「夕神音さんはBチームっす。別荘は鍵が掛けられていたはずっすね?」

 

「うん。別荘の鍵は1つだけで、元々は玄関にあったよ。」

 

「ええ。わたしたちはモノクマに退室時は戸締まりするよう釘を刺されていました。」

 

「え…もし、締め忘れたりしたら…どうなるの…?」

 

「別にどうもしないよ。不注意の末、事件が起きるかもしれないし、起きないかもしれない。」

 

「現実世界と同じでしょ?」

 

「……。」

 

「犯人がどうやって密室を作ったのかも謎だけど…夕神音さんがどうやって別荘に入ったかも…謎だよね…。」

 

「鍵は室内にありましたぁ…ど、どういうことでしょうかぁ。」

 

 

 

ノンストップ議論開始

 

「誰かがカギ締める忘れました。」

 

「それか、犯人があらかじめ扉を開けておいたのではないでしょうか。」

 

「つまり、Fチームのだれかが夕神音さんを呼び出したんですね!大人しくお縄を頂戴しなさい!」

 

「いや、でも夜時間は俺らFチームだって”大富豪の家”から出られなかったんだぞ。」

 

「夕神音さんが殺されたのが明け方以降なら、可能だよ。」

 

「みくは…被害者は鍵を持ち出せないしね。」

 

 

【ポケットの金箔】→被害者は鍵を持ち出せない

【割れたビン】→被害者は鍵を持ち出せない

【別荘の窓】→被害者は鍵を持ち出せない

 

 

 

「???」

 

(何言ってんだコイツ…って目で訴えているようだ…。最近のAIってすごいんだなぁ。)

 

 

back

 

 

 

「それは違うよ。」

 

「美久のドレスのポケットには鍵と同じ金箔が付いてたよ。」

 

「少し触れただけでも剥がれるくらい取れやすかったっすね。」

 

「うぷぷ、何だかよく聞く話題だね。」

 

「つまり、美久は鍵をポケットにしまって持ち運んだってこと?」

 

「うん。きっと、美久はどうやってか別荘の鍵を手に入れたんだよ。」

 

「どうやってだよ?」

 

「それは…分からないけど…。」

 

「Fチームの人なら鍵はいつでも持ち出すことができましたね。」

 

「Bチームでも、盗み出すことは不可能ではないよ。」

 

「いや、俺らは”大富豪の家”には入れないんだぜ?鍵掛かっててよ〜。」

 

「で、でも『入ってはいけない』ってルールはないよね。何とか入れれば…持ち出すことはできるよ…。」

 

「夕神音さんが鍵を持ち運んでいたのは事実だね。」

 

「”大富豪の家”から鍵を持ち出したのはミクたんかもしれないってこと?」

 

「?ユガミネ、別荘でナニしますか?」

 

「そんなに別荘に入りたかったのかな?言ってくれれば開けたげたのに…。」

 

「いや、話なんてできなかっただろ。」

 

「夕神音さんは鍵を持ち出して…夜時間に…何をしたかったんだろうね?」

 

(被害者の目的…?)

 

 

1. 金目の物を盗むこと

2. 誰かを殺すこと

3. 惚れ薬を見つけること

 

 

 

「それは……死者を侮辱する発言と受け取ってもよろしいでしょうか?」

 

(……よ、よろしくない。)

 

 

back

 

 

 

「美久はもしかして…惚れ薬を探していたんじゃないかな…?」

 

「惚れ薬を?」

 

「う、うん。彼女は少し気になることを言ってたから…。その…惚れ薬を飲めば、自分も人を愛せるようになれるんじゃないか…って。」

 

「えぇと…彼女はアセクシャルで悩んでたってこと?」

 

「『他者に恋愛感情や性的欲求を感じないセクシャリティ』のことやんな?」

 

「……。松井君とローズさんは夕神音さんとクラスメイトだったっすよね?彼女が惚れ薬を飲もうとすると思いますか?」

 

「ハテ?どうデシタか?」

 

「正直、何とも言えないね。実は、僕達3人はそこまで親しい間柄ではなかったのだよ。」

 

「チガウ奴らとツルんでました。ワルいヤツはダイタイ友達デス。」

 

「なるほど…歌姫とマフィアと美化委員って、確かに全然住む世界違うかんじだもんね。」

 

「いや、そんなこと真面目に考察しなくてもよくねーか?」

 

「大事なのは今回も動機が関わってんじゃねーかってことだい!」

 

 

 

ノンストップ議論4開始

 

「クラスメイトの時の記憶は当てにならんが、夕神音さんが惚れ薬を探していた可能性はある。」

 

「んだら、現場に落ちていた瓶…あれは惚れ薬ということでいいっきゃね?」

 

「え?あの割れてたやつか?」

 

「……。」

 

「あれが今回の動機だったんだよね…。惚れ薬を巡って…っていう感じだだったのかな…。」

 

「カッとなってヤッタですカ。」

 

「えぇと、衝動的な殺人…ってやつだね。」

 

 

【モノクマファイル2】→現場に落ちてた瓶

【モノクマファイル2】→惚れ薬を巡って

【モノクマファイル2】→衝動的な殺人

 

 

 

「言葉を選ばず申し上げますと……あんたバカ?」

 

(……言葉は選んでほしいかな。)

 

 

back

 

 

 

「それは違うよ。」

 

「モノクマファイルには、美久の身体に外傷がないって書いてあるよ。」

 

「ああ、確かに。みくの体は血も出てないし綺麗だったよね。」

 

「血どころか…打撃痕すらなかったよね。」

 

「そうか。衝動的な殺人なら…そうか、あんな死体にはならねーな。」

 

「ええ。それに、あの現場のヘビの人形…。」

 

「そういえばそんなモンも落ってたっけな。」

 

「あれは今回のステージにはなかったっすから…前回のステージから持って来たんだと思うっす。」

 

「ここに来る前から計画されていたということか…。」

 

「殴りてナイ、刺してナイ。ユガミネ死んだ理由ナンですか。」

 

「外傷が全くないとなると…病気や毒が考えられますが…。」

 

「あの割れたビン…液体はほぼ残ってなかったっすね。」

 

「あれを飲んだことが死因…ってこと?」

 

「アイヤ、ホレグスリ毒でしたカ!犯人はモノクマです!」

 

「失礼な!ボクの用意した惚れ薬には毒物なんて入ってないよ!」

 

 

「あ…あのさ、夕神音のそばにあったアレ。アレは惚れ薬じゃねー…と思うんだけど…。」

 

「ほう。どうしてだい?」

 

「いや…何となく。」

 

「……。」

 

「何となくで物を言うな。」

 

「根拠を示して発言したまえ。」

 

「だってよ……うーん…。」

 

(?何だろう。歯切れが悪いけど…。)

 

 

 

ノンストップ議論開始

 

「アレ今回の動機デス。」

 

「そうだね…夕神音さんが惚れ薬を探してたなら、あのビンの中身は惚れ薬だと思うんだけど…。」

 

「いや、違うんだって。」

 

「だから、なぜそう思うのか根拠を述べたまえよ。」

 

「だいたい、惚れ薬じゃなかったら何なのさ?まさか中身が酒で急性アルコール中毒でした〜ってオチか?」

 

 

【割れたビン】→中身は惚れ薬

【割れたビン】→中身が酒

【別荘の鍵】→中身が酒

 

 

 

「未成年の飲酒は法律により固く禁じられていマーース!!」

 

(じ、自分で言ったくせに!)

 

(惚れ薬についてモノクマ何て言ってたっけ…。確か…。)

 

 

「ピンクのブサイクなウサギのパッケージが目印だよ!頑張って探しましょ〜!」

 

 

back

 

 

 

「それは違うよ。」

 

「あのビンは全体的に黒かったし、パッケージも貼られてなかったよ。」

 

「パッケージ?」

 

「それが何だってのさ?」

 

「惚れ薬の動機発表の時、モノクマが言ってたはずだよ。『ピンクのウサギが目印』って。」

 

「えーと、じゃあ、あの割れたビンって…。」

 

「惚れ薬じゃなかったってことっす。」

 

「あ、ああ。言ったろ?惚れ薬じゃねーって。」

 

「君はビンのパッケージには言及していなかったがね?」

 

「どうして永本くんは惚れ薬じゃないと分かったんですか?」

 

「……。」

 

「え…。な、何で黙るの?」

 

 

「もしかして…永本さん、惚れ薬を見つけたんじゃないの?」

 

「えっ…。」

 

「あ、なんだ。そうなんだ。」

 

「……あ、ああ。まあな。」

 

「いつ見つけマシタか?」

 

「昨日の昼だな。」

 

「何で黙ってたんだい?」

 

「いや…だってよ。コロシアイの動機なら…あまり手を出さない方がいいのかと思ってさ。」

 

「惚れ薬はどこにあったんですか?」

 

「広場中央だよ。石畳の一部分だけ取れるようになってて、そん中に入ってた。」

 

「ああ、昨日けいが転んだ所だね。」

 

「……。捜査時間にもう1度見に行ったらそのままだったぞ。」

 

「本当ですかぁ?」

 

「嘘言う必要ねーだろ。」

 

「モノクマ、惚れ薬は本当に1つだったんすか?」

 

「え?ああ。そうっすよ。1つだったっす。」

 

「夕神音さんは惚れ薬を探してたんだよね…。その場所を永本さんは知ってたんだ…。」

 

「がぜん、永本が怪しくなるね。」

 

「ま、またオレかよ。……だから言いたくなかったんだよ。」

 

「コチトラの台詞です。マタオマエカ。です。」

 

「君は疑われる才能でもあるのかね?」

 

「永本さんの隠された才能ってまさか…”超高校級の容疑者”なんじゃないですか!?」

 

「それは…”超高校級の不運”っすね。」

 

「あのな…。運なんて才能じゃねーだろ…。」

 

「えっと、けいは運良い方だよね。ね、ことは。」

 

「…………うん。」

 

「どこが良いのかな?疑われたら生存フラグが立つというわけでもあるまいし。」

 

(現場の割れたビン。動機の惚れ薬だと思ってたけど…。違った?)

 

 

「ケッキョクあのビン何デスか?」

 

「事件前にはなかったものだけど…事件とは関係なかったのかな?」

 

「事件前になかったのなら、事件に関係ある可能性の方が高いっすよ。」

 

「永本君、見つけた惚れ薬のビンはどんなものだったんすか?」

 

「そういえば…オレが見つけたビンのパッケージにはウサギが描いてあったぞ。」

 

「ユガミネ飲んだ、惚れ薬じゃないデスか。」

 

「やっぱり…シンプルに瓶の中身が毒だったのかな…?」

 

「毒なんて…一体どこから…?」

 

「モノクマは前に言ってたっす。毒が欲しければリクエストしろ…と。」

 

 

「ボクが用意したものは100%安全だよ。まあ、ボクが用意したものに誰かが毒を盛っていないとは言い切れないけどね。あ、そうそう。もし毒が必要な人はリクエストしてくれてもいいからね!」

 

 

「1番最初の町にいた時だね…って、毒をモノクマにもらった人がいるってこと?」

 

「しかし、一体誰が?」

 

「…モノクマに聞いたところで……教えてくれないんだよね?」

 

「分かってんじゃーん!ボクは裁判の公平性を欠くような情報は与えませーん!」

 

「うぷぷぷ、でもね。公正性を考えて、これだけは教えてあげるよ。」

 

「この中に1人だけ、特別なモノを渡した人がいたよ。あれはまだ前のステージにいる時でしたー!」

 

「え?」

 

「モノクマから毒もらった人、イマスか。」

 

「……。」

 

「だ、誰だよ、そんな…。」

 

「しかも…前のステージからだって?」

 

「超絶殺意 高ぇじゃん!」

 

「えーと、えーと…ダメだ。考えても分からない…。」

 

「……。」

 

(視線を感じる。と、セーラー帽の下から黙ってこちらを見る瞳と目が合った。)

 

(……そういえば、モノクマに会っていた人がいたって、彼は言ってたな。)

 

 

▼怪しい人物を指摘しろ!

 

 

 

 

「哀染さん…夢の話でもしてるの…?」

 

(しまった。違ったか。)

 

 

back

 

 

 

「モノクマが毒を渡した相手…もしかして、琴葉じゃないかな?」

 

「……!」

 

「……。」

 

「……。」

 

「琴葉。前のステージでモノクマが会ってたって目撃情報があるんだけど…。」

 

「……。」

 

「……そんなの見間違い。」

 

「そうだよ、ことはは人を殺そうとしたりしないよ。」

 

「うん。私は知らない…。」

 

 

「…あの、目撃したのは、僕だよ…。夜時間にモノクマとキミが会ってるのを見たんだ。」

 

「え?そ、そうなの?」

 

「……。」

 

「キミは夜中に前回の町の病院内でモノクマと会ってたよね…?少しドアが開いてて…見えたんだ。」

 

「……。」

 

「ま、マジかよ?」

 

「うん…。木野さん、モノクマと何を話していたの?」

 

「……。」

 

(彼女はまた俯いて黙ってしまった。)

 

「否定しないってことは、君が毒を持っていたということでいいのかね?」

 

「えーと、えーと…何で、ことはが毒なんてもらったんだろう?」

 

「そんなもん!こいつが!誰かを!殺そうとしたからに!決まってる!」

 

(どうだろう?他にも可能性はあるんじゃないかな?)

 

 

1. 毒の研究

2. 観賞用

3. 無理心中用

 

 

 

「…本気かね?」

 

(……本気と書いて…冗談だよ。)

 

 

back

 

 

 

「琴葉は、毒の研究をしてたんじゃないの?」

 

「………。」

 

(彼女は黙って俯いたままだ。)

 

「そういえば、みんなで集まるって時以外、彼女はほとんど自室から出て来なかったよね。」

 

「夜もほとんど寝てなかったみたいだったっすね。」

 

「それに、琴葉。ここに来た日に…ぼくの血を採りに来たよね。」

 

「あ…哀染さんに木野さんが馬乗りになってた夜のことだね…。」

 

「誤解を招く言い方しないでよ。」

 

「いや、夜に馬乗りって…どういうことだよ?」

 

「ヨバイですネ。」

 

「どひゃー、木野ちゃんてばダイターン!」

 

「違うよみんな…。琴葉はAB型の血が欲しかっただけだよ。たぶん、研究に必要だったんだよね?」

 

「……。」

 

「何でAB型の血なんかいるんだよ?」

 

「えーと、変わり者の血が必要だった…とか?」

 

「祝里よ、血液型による性格診断は全くアテにならんのだぞ。」

 

「このクニの人、血液型で性格決めマス、変デスね。」

 

「そうですね。海外に比べてそれぞれの人数がバラついてますから、統計学を絡めやすいんでしょう

ね。」

「ぶひゃひゃ、この世界では特に血液型なんて無駄情報だよ!『何章キャラか』考えてた方がよっぽど性格診断できるはずだよ!」

 

「ちょ、ちょっと待って?血液型の違いなんて赤血球 表面の抗体の違いでしょ?それが毒の研究になるの?」

 

「なるかもしれないだろー!あんまり細かいこと言わないの!一介のライターがそんな専門的な知識あるわけないんだからさー!」

 

「……。」

 

 

「とにかく…木野さん。答えてください。キミはモノクマから毒を受け取ったんすか?」

 

「……。」

 

(みんなの視線を受けても、彼女は黙ったままだ。)

 

「木野さん。キミの態度は、化学界にはマイナスになる…よ。」

 

「え…。」

 

(ポツリと落とされた一言に、彼女はようやく顔を上げた。)

 

「そうやって、理解されないからって黙るのは…ずるいよ。」

 

「えーと、ここみ?どうしたの?」

 

「キミは前からそうだったけど…。学者ならコミュニケーション能力は必要だよ…。」

 

「……。」

 

「何なに?説教タイム?説教タイムが始まったの??」

 

「人と関わらないで…研究だけしてればそれでいい。今はそれで良くても、大人になったらそうはいかない…よね。」

 

「大学で働くなら学生に教えることも多いだろうし…民間の研究者ならコミュニケーション能力は必須だよ…。」

 

「化学に貢献するためには、化学について多くの人に知ってもらわないといけないでしょ…?」

 

「………。」

 

「今のは…説得なのかね?」

 

「この状況で変なセットク。変なクラスですネ。」

 

「ついでに、木野は化学と科学は別物という謎ポリシーも捨てた方がいいよねー。ぶっちゃけ、化学も科学も延長線上の話だしー。」

 

(周囲がざわつく中、話題の中心にいた少女が顔を上げた。)

 

「……そうだよ。」

 

「あれは…私がモノクマからもらったの。」

 

(彼女の声が響く裁判場。笑いを堪えるように口に手をやるモノクマが視界の端に映った。)

 

 

 

学級裁判 中断

 

前へ ホームへ 次へ