コンテンツへスキップ

前へ ホームへ 次へ

 

第3章 愛と誠。デッド・オア・ラブ 学級裁判編Ⅲ

 

(裁判場は重い雰囲気に包まれている。今回のクロが、被害者である夕神音 美久だと、そう結論が出てしまったから。)

 

(でもーー…。)

 

「ワタシ、分かります。マエタニ殺したのもマツイです。」

 

「僕が前谷君を?何故?」

 

「この町トテモ狭い。同じ日に違う犯人が殺すのムリです。」

 

「そ…そうだね…。いくら犯人に2人殺すメリットがないとはいえ…2つの事件が無関係とは思えないよ。」

 

「それは僕が『夕神音さんを死なせたからそうに決まっている』という感情論でものを言ってないかね?きちんとした根拠を説明したまえ。」

 

(2つの事件が関係している根拠…?)

 

 

1. どちらも夜時間の犯行

2. どちらも服を着ている

3. どちらも見立て殺人

 

 

 

「今すぐ『根拠』という言葉を辞書で調べてきたまえ。」

 

(根拠になってなかったか。)

 

 

back

 

 

 

「2つの事件はどちらも、これまでの事件に見立てられていたよね。」

 

「あ、ああ。前谷は白銀みたいに…殺されてたな。」

 

「みくは…密室だったし、ヘビの人形も落ちてたし…つよしの事件、みたいだった…。」

 

「うん。犯人が2人いて、たまたまそんな工作するとは思えないよ。」

 

「偶然…というには、揃いすぎていますね。」

 

「フム…僕はてっきり前谷君を殺したクロが見立て殺人に夕神音さんを巻き込んだのだと思っていたよ。」

 

「キミはヘビの人形を置いてないと主張するんすね。」

 

「そうさ。そもそも、僕が今朝したことといえば、夕神音さんの死体を窓から確認したことくらいだよ。」

 

「彼女は死ぬ前に自分で鍵をかけたようだったからね。中に入れなかったし、何もできなかったのさ。」

 

「松井君、キミが宿屋に侵入したのは、夕神音さんの遺体を確認してからっすね?」

 

「そう考えるのが自然だろうね。」

 

「前谷君の死体を見なかったんすか?」

 

「え?見てたなら…さっき話すはず…だよね?」

 

「……はて、どうだったかね。」

 

「いや、普通に見つけてなかったとしたらおかしいだろ。あんだけ血生臭かったのにさ。」

 

「れーのすけは死体を見なかったってこと…?」

 

「でも、松井がウソついてる可能性もある…よな…。」

 

「僕の犯行は全て話した通りだよ。今更 嘘をつく必要などないさ。」

 

 

 

ノンストップ議論開始

 

「どうしてマエタニいませんデシタ?」

 

犯人が隠していたのかもしれないね。」

 

「でも…隠していたとしても…あの血の匂いなら気付くはずだよね…。」

 

「松井の旦那は鼻がきくからなァ。白銀ん時は違う部屋から匂いに気付いたぐれーだゼェ。」

 

「だから、松井の証言がウソなんじゃねーか。」

 

「れーのすけが宿屋に行った時、こーたの死体がなくちゃおかしいんだよね?」

 

「おそらく、前谷君を殺した犯人は何か偽装工作を行なったのだよ。」

 

「前谷くんを宿屋で殺した後、犯人が何らかの方法で死体を隠した…ということですか?」

 

 

【ハンマー】→犯人が隠していた

【広場の血痕】→宿屋で殺した

【死体を包むシーツ】→宿屋で殺した

 

 

 

「……申し訳ありません。体調が優れず…すぐに理解できなかったのですが…。」

 

「り、理解しようとしなくていいよ。忘れて。」

 

(もう1度 考え直そう。)

 

 

back

 

 

 

「それは違うよ。」

 

「光太君が宿屋で殺されたとは限らないよ。広場に血痕を拭き取った痕跡があったからね。」

 

「ソーです。ありマシタ。どんなにキレイくしても分かります。結構なリョウ。致死量デス。」

 

「前谷君の殺害現場は広場ってことっす。」

 

「うん。彼は早朝から広場でトレーニングしてたみたいだから、たぶんその時にーー」

 

「……待って。そうじゃないかも…しれない。」

 

「えっ?」

 

「確かに、広場にはルミノール反応があった。」

 

「ルミノール反応?」

 

「科学捜査でよく聞くよね…。血液に反応して光るんだっけ?」

 

「うん。血液はルミノール反応の高感度の触媒になるから…。」

 

「……???」

 

「とにかく広場で血が流れたということですね。…でも、それがあったのに広場が現場じゃないというのはどういうことですか?」

 

 

 

ノンストップ議論開始

 

「ルミノール反応の触媒になるのは…ヒト科の血液だけじゃない…。」

 

「えーと…人以外の、動物の血にも反応するということでしょうか?」

 

「……そう。」

 

「広場の血は動物の血だったってのか?」

 

「可能性は…ある。」

 

「でも、動物なんていなかったよね…。」

 

「本物の動物ではありませんが…ヘビの人形の中に血が入っていましたよね。」

 

「じゃあ、広場にあった血痕は人形のものってことか?」

 

 

【ヘビの人形】→血痕は人形のもの

【死体を包むシーツ】→血痕は人形のもの

【ナイフ】→血痕は人形のもの

 

 

 

「……やっぱり…私の話は理解してもらえない。」

 

「ま、待って、もう1度考えるから…!」

 

 

back

 

 

 

「それは違うよ。」

 

「ヘビの人形は重くても50gくらいだよね?でも ローズによると、広場の血はかなりの量だったらしいんだ。」

 

「ソウ。マエタニの致死量クライありマシタ。」

 

「な、何でそんなこと分かるの…?」

 

「分かるモンは分かるんだからシカタナイ。」

 

「他にヘビの人形があったとしても、かなりの量が必要っすね。」

 

「さすがに、そんなに前のステージから持って来てるヤツいたら気付くよな。」

 

「鉱山の大蛇…も、持って来てたら気付くよね。」

 

「つまり…それだけの血を流せるのは前谷くんしかいないということですね。」

 

「……そう。なら、いい。」

 

「前谷は広場で殺されたってことでいいの?」

 

 

「……ねえ、松井さん、広場に前谷さんの死体はあった?」

 

「…あ、これも…あったなら、さっき話してる、よね。」

 

「……そうだね。今朝 僕が宿屋に行った時…彼の姿には気が付かなかったね。」

 

「そ、そっか…でも、それだと時系列がよく分からない…よね。」

 

「前谷君の死亡推定時刻からして、前谷君の遺体はすでに宿屋にあったはずですね。」

 

「うん…祝里さんが夕神音さんの歌を聞いたのは朝 5時頃でしょ?」

 

「それまで夕神音さんが生きていたんだから、松井さんが宿屋に行ったのは5時以降ってことだよね…。」

 

「午前4時半頃に死んだ前谷さんの死体が宿屋にも広場にもなかった…これはおかしいですね。」

 

「松井が嘘ついてるだけだろ。」

 

 

「こーたを殺したクロが違うところに死体を移動したとか?」

 

「広場で殺して、どこかに隠して、また宿屋に移動させる…これはちょっと変っすね。」

 

「前谷君はかなり大柄ですからね。無駄な死体の移動は考えにくいです。」

 

「例えば、僕が宿屋に行った時、死体はそんなに損傷がなかった。それなら血の匂いもキツくないし、シーツに隠しただけでも僕は気付かないかもね。」

 

(どうだろう?4時半に殺された被害者の死体が5時以降に宿屋でも広場でも発見されてない。この矛盾はどうして生まれるのかな…?)

 

 

1. 松井が嘘をついている

2. 時間が間違っている

3. 殺害現場が間違っている

 

 

 

「何を言ってるんだね、君は?」

 

(しまった…はじめから考え直してみよう。)

 

 

back

 

 

 

「麗ノ介君、あなたが嘘をついてるから、こんな矛盾が生まれるんじゃないかな?」

 

「嘘?今はもう何も隠し事をしていないのだが…一応聞こうか。僕がどんな嘘をついているっていうんだい?」

 

 

1. 犯行時間

2. 本当は死体を発見している

 

 

 

「時間が違ったんじゃないかな?」

 

「例えば、麗ノ介君が宿屋に侵入したのが4時半より前なら、死体を発見していなくてもおかしくないよ。」

 

「4時半より前?」

 

「日の出は4時すぎっすから、Fチームの松井君もその時間ギリギリ動けたはずっすね。」

 

「ま、待ってください。松井君が4時半より前に夕神音さんの死体を確認して、それから宿屋に行った…これはおかしいですよ。」

 

「ユガミネ、先シんでます。」

 

「ああ。言ってなかったかね。僕は5時過ぎに夕神音さんをおびき出すよう誘導してたのだよ。」

 

「だから、宿屋に入ったのは5時半頃だよ。」

 

「急に新事実をペラペラ話し出すなよー!混乱するだろー!!」

 

「…どうして、明け方におびき出したんすか?」

 

「何だね?」

 

「夕神音さんが自殺するよう仕向けるなら、夜でもよかったはずっす。むしろ、犯行を隠したいのなら夜の方が都合が良い。」

 

「えーと、あたしたちFチームは外が暗い内は外に出られないから?」

 

「証拠隠滅以外、松井君が外に出る必要はないはずっす。薬を隠すのも手紙を出すのも前日の内に終わってるんすから。」

 

「……この事件の真実は、夕神音さんの自殺。明るい時間の方が、この事実に気付かれやすいと思ってね。」

 

「ま、僕も一応、死にたくはないからね。」

 

「……。」

 

(さっき自分がクロだと言ったのに…?何だろう…違和感が消えない…。)

 

 

「あの…時間が違ってた…といえばさ、祝里さん…。本当に5時だったの…?」

 

「え?何が?」

 

「祝里さんが夕神音さんの歌を…聞いたの。」

 

「うん、間違いないよ。あたし毎日勝手に目が覚めるんだ。部屋の時計も確認したよ。」

 

 

 

ノンストップ議論開始

 

「祝里の部屋の時計に細工したら、ワカリマセン。」

 

「え?えーと、でも、習慣だからね。腹時計的な。時間は5時で間違いないと思うよ。」

 

「習慣なら…そう簡単に変わらないはずだよね。」

 

「僕も5時に夕神音さんが歌っているのを聞いたよ。」

 

「その彼女を死に追いやった犯人は黙っててよ!ノイズにしかならないの!」

 

「けどよ、夕神音が死んでたら歌を聞くことはないし、時間は間違いねーんじゃねーか?」

 

 

【カセットレコーダー】→時計に細工

【ハンマー】→歌を聞くことはない

【カセットレコーダー】→歌を聞くことはない

 

 

 

「…もしかして、レイはあたしが嘘ついてると思ってる?」

 

(考えすぎだよ…。)

 

 

back

 

 

 

「5時に美久の歌を聞かせることは麗ノ介君にもできるはずだよ。」

 

「え?!」

 

カセットレコーダーっすね。」

 

「あ…そうか。あれを使えば、夕神音が死んだ後も歌を聞かせることはできるな。」

 

「圭君のカセットレコーダーは、今朝ぼくらBチームを眠らせるために麗ノ介君が持っていたよね。」

 

「……。君たち、話が脱線しているようだが、いいのかね?」

 

「今は前谷君 殺しの犯人を探しているのだろう?」

 

「まあ、それもこの裁判では意味がない話だが。」

 

「オマエ、黙っとけ、デス。」

 

 

「祝里さん、夕神音さんの歌は録音されたものでしたか?」

 

「え?えーと、ごめん。よく分からないや。」

 

「メタルテープで音質もいいからね…。」

 

「え…アイコさん、テープ馬鹿にしてなかったっけ…?」

 

「でもよ、何でわざわざ夕神音の歌を聞かせるんだ?」

 

(録音した歌を聞かせたんだとしたら…理由はこれしか考えられない。)

 

 

1. 被害者が死んだ順番を偽装

2. 前谷 殺害の犯人を偽装

3. 夕神音の歌唱力を偽装

 

 

 

「ああ、なるほどな。……って、いや 何でだよ!」

 

(……いいツッコミ持ってるね。)

 

 

back

 

 

 

「美久の歌を明け方にテープレコーダーで流した理由…それは、美久がその時まで生きてたって偽装するためだよ。」

 

「祝里さんは前に5時に起きると言ってましたからね。松井君はそれを覚えてたんす。」

 

「え!?ぎ、偽装って、何でそんな…。」

 

「今回のクロは、『後に死んだ人を殺した犯人』だよ。」

 

「あ!?まさか…夕神音を後に死んだと見せかけて、オレらをはめようとしてたのか?」

 

「待ちたまえ。結局、君は何が言いたいんだね。」

 

「……やっぱり、光太君を殺したのも、あなただよ。」

 

「何だって?」

 

「え?え?な、何で…?」

 

「今朝テープレコーダーを持っていたのは松井君、キミっす。夕神音さんが後に死んだと見せかけて前谷君を殺し、クロとして卒業しようとしたんじゃないんすか?」

 

「それに…死体の状況から同一犯としか考えられないよ。」

 

「だから、それこそが前谷君のクロの目論見なのだよ。今回のクロは夕神音さんだ。みんなにクロを誤認させる気なのだよ。」

 

「え…?何のために…?本当に夕神音さんが”指摘すべきクロ”なら…誤認させることで前谷さん殺しの犯人まで死んじゃうよ…?」

 

「……僕がそんな不利な状況に持っていくはずがないだろう。なぜ僕が死体をこれまでの事件に見立てる必要があるというのだ!」

 

(被害者たちを前の事件と同じように見立てた理由はーー)

 

 

1. 犯人は同一犯だという告白

2. サスペンスの見すぎ

3. 被害者が死んだ順番の印象操作

 

 

 

「クッ…君のような愚か者に追いつめられる気分というのは…なかなかに屈辱的だ、よ。」

 

(お、愚か者…。)

 

 

back

 

 

 

「死体をこれまでの事件に見立てたのも、光太君−美久だと死んだ順番を印象付けるためだよ。」

 

「た、確かに。最初に死んだつむぎ、2回目のつよし…そのイメージだったかも…。」

 

「死体発見の順番も前谷さんが先だったから…発見時から印象操作されていたのかな…。」

 

「だからマエタニを宿屋へ持って行きマシタか。」

 

「プロパガンダってヤツだね!」

 

「……プロパガンダは政治的な印象操作のことですよ。」

 

「あのヘビの人形はおそらく、夕神音さんの死体にかけてより新しい死体に見せかけるためでしょうね。」

 

「ヘビの人形の中を割くと血が出るんでしたね。」

 

「ケツエキ乾きてナイですから死体 新しいと思います。」

 

「夕神音さんが内から鍵を掛けたのは松井さんの誤算だったのですね。」

 

「君たち、冷静さを欠いているぞ!彼のような大柄な男を、どうやって僕が撲殺できたというのだね!?」

 

「……。」

 

「……それは…。」

 

 

▼証拠を示せ!

1. 【ナイフ】

2. 【ヘビの人形】

3. 【血の付いた人形】

 

 

 

「何だね、それは?僕のような華奢な人間に彼を殺せないという証拠かね?」

 

(あなたより華奢な人はこの場にたくさんいるよ!)

 

 

back

 

 

 

「あれ?その人形…。」

 

「ワタシが作りマシタ。マエタニ、この人形使います。」

 

「え!?オランダの妻!?」

 

「……ブラジリアン柔術の練習の時に使っているんですよね?」

 

「ヒロバに練習用の人形ありマシタ。マエタニあれで寝技 関節技レンシュウします。」

 

「この人形には、血が付いてるんだ。おそらく、彼は寝技の状態の時に襲われたんじゃないかな。」

 

「寝技の状態なら、相手がどんなに大柄でも、背後から撲殺することは難しくないはずっすね。」

 

「……白銀さんの時と同じっす。」

 

「そうか…やっぱり、広場で練習中に殺されたってことだよな…。」

 

「うん。広場にはかなりの血が流れたはずなのに、ぼくらじゃ気付かないくらい綺麗に拭き取られてたんだよ。」

 

「そんなことができそうなのは…1人っすね。」

 

「何を…何を言ってるんだ!!」

 

 

 

理論武装 開始

 

「君たちは勝手な想像だけで議論している!」

 

「夕神音さんが死んだのは確かに僕のせいさ。」

 

「だが、前谷君は違う!!」

 

「寝技中の彼を撲殺!?」

 

「それは僕 以外にも可能だろう!」

 

 

「誰かが前谷君を殺し、隠したのだ!」

 

「そして、僕が宿屋から”大富豪の家”に戻ったタイミングで同一犯に見せかけたのだよ!」

 

「これまでの殺人に見立てることでね!!」

 

「僕が前谷君を殺したという根拠はあるのか!!」

 

 

○カバン △身 ◻︎の ×中

 

これで終わりだよ!

 

 

 

「麗ノ介君。それじゃあ、カバンの中身はどこに行ったの?」

 

「……!」

 

「えー?何なにー?」

 

「そういえば…れーのすけのカバン、昨日の夜まではパンパンだったよね。」

 

「うん。ぼくも昨日の昼 彼のカバンに掃除用具が詰まっているのを見たんだよ。」

 

 

(俯いて石畳を凝視していると、ふいに視界が暗くなった。顔を上げれば、しかめられた顔と目が合う。)

 

「……。」

 

(彼は、掃除用具でパンパンの腰カバンから軍手とぞうきんを、背中からハタキ1本を取り出してこちらに落とした。)

 

 

「……捜査時間にはそれが消えていたっすね。」

 

「……。」

 

「あなたは光太君を殺した後、広場の血痕を掃除用具で拭き取ったんだよね。」

 

「結構なケツエキ量。カナリぞうきん消費しマス。」

 

「あ…暖炉の燃えカス…手紙だけにしては多いと思ってたけど…。」

 

「血の付いたぞうきんを手紙と一緒に燃やしたんですね。」

 

「……。」

 

「決まり、か…。」

 

 

「何で…?何で2人も…?」

 

「そうだ、何も2人殺さなくたって良かったじゃねぇか!」

 

「2人殺せばボーナスポイントもらえるってわけじゃないだろ!何でだー!!」

 

「……。」

 

「ま、まさか、最初から”夕神音さんの犯人を指摘すべき犯人”と誤認させるため…?」

 

「えーと、え!?みくが死んだのを利用して卒業するつもりだったってこと?」

 

「そんな…。夕神音さんは…そのためだけに死に追いやられたということですか?」

 

「そんなコトのタメに…フザケルナ。」

 

「それで…薬を…使ったの?」

 

「前谷だってそうだぜ…いいヤツだったのに…。」

 

「……。」

 

(彼は押し黙っている。)

 

「哀染君。」

 

「うん…分かってるよ。」

 

(そうだ。なぜ2人も殺したのか。罪を認めさせて確かめなきゃいけない。)

 

 

 

クライマックス推理

 

「事件は惚れ薬という動機の発表で動き出した。美久は自分が飲むために惚れ薬を探していたんだ。そして、彼女をよく知る犯人はそれを知っていた。」

 

「犯人は彼女への手紙を使って、宿屋のBチームを眠らせるよう誘導し、みんなが寝ている間に琴葉の部屋から安楽死薬を盗み出した。」

 

「そして薬を別荘に隠し、美久を大富豪の別荘まで誘い出した。『惚れ薬を見つけた』という手紙と、別荘の鍵を使ってね。」

 

「夜時間に別荘に入った美久は、薬の瓶を見つけ…飲んだ。それが、モノクマの用意した安楽死薬だと知らずに。」

 

「彼女は苦しむことなく、眠るように死んでしまった。でも…犯人の計画はまだ終わりじゃなかったんだ。」

 

「明け方、光太君は広場で早朝のトレーニングを開始していた。人形相手に寝技の練習をしていた彼を、犯人は凶器のハンマーを使って撲殺した。」

 

「でも、犯人には誤算があったんだ。美久が死ぬ前に内から鍵を掛けていたことだ。」

 

「犯人は焦ったはずだよ。犯人の元々の狙いは、美久の死体を偽装して、光太君よりも後に死んだよう見せかけクロを誤認させることだったからね。」

 

「だから犯人は密室となった別荘の近くに、ヘビの人形を置いた。」

 

「元々は美久の死体を新しいものに見せるため持って来ていたものだろうけど…ヘビは2回目の事件をぼくらに思い出させるには十分だ。」

 

「そして、犯人は光太君の死体をBチームの宿屋に運んだ。美久の死体がFチームしか入れない別荘にあれば、犯人がすぐ絞られてしまうからね。」

 

「それに、光太君の死体を発見されやすくすることで、光太君が先に死んだと印象付けることができる。」

 

「宿屋に光太君を運んだ時、犯人は圭君から盗んだテープレコーダーで宿屋に美久の子守唄を流した。自分はノイズキャンセラー付きのヘッドホンを付けて…。」

 

「さらに、犯人は光太君の死体をめった刺しにした。血を飛び散らせて現場を偽装する目的もあったんだろうけど…。」

 

「最初の事件で白銀つむぎが殺されたことを思い出させることも目的だったんだ。」

 

「後は宿屋から証拠となる手紙を回収して、広場の血を掃除する。最後に、テープレコーダーで美久の歌を教会で流し、彼女が明け方まで生きていたと誤認させた。」

 

「時間を見計らって朝時間までにテープレコーダーを引き取り”大富豪の家”に置いておけば、違和感は持たれない。」

 

「犯人はきっとモノクマに事前に確認して知っていたんだ。この学級裁判でクロになるのは”光太君を殺した犯人”であり、美久が薬を飲んで死ぬことは”自殺”にされるって。」

 

「クロの誤認のためだけに美久を死に追いやり、光太君を殺害した犯人…。」

 

「それは…”超高校級の美化委員” 松井 麗ノ介君、あなただよ!」

 

 

(言い終えると、また裁判場は静かになった。みんな1人の男を見たまま黙っていた。視線を一身に受けていた彼はというとーー)

 

「……ククッ。」

 

「……何をワラっている?」

 

「バカバカしい!!」

 

「え…?」

 

「クロの誤認のために、僕が美久を殺した!?そんなはずないだろうが!!」

 

「!?」

 

(間違っていた…?そんな…まさか。)

 

 

「ハイハーイ!指摘すべきクロと被害者が決まったみたいだね!では、代表で天海クン!」

 

「今回 指摘すべきクロ。その被害者は夕神音さんかな?前谷クンかな?」

 

「言った通り、被害者の名前とその被害者を殺したクロの名前が一致して初めて正解だからね。間違えないように!」

 

「……。」

 

(彼と顔を見合わせて、頷いて見せる。)

 

「……後に殺された被害者は…前谷君っす。」

 

「オッケー!ではでは、ワックワクでドッキドキの投票ターイム!」

 

(モノクマの言葉に、全員が手元の投票画面に目を向けた。)

 

(落ち着かなきゃ…。みんなで導き出した答えは間違ってない。)

 

(投票画面を指で押さえる。心臓が早鐘のように鳴っている。)

 

「投票の結果選ばれたクロは、正解なのか、不正解なのか。出来立てホヤホヤの死体は前谷クンなのか夕神音さんなのか。」

 

 

(楽しげなモノクマの声と共に、ルーレットが回る。)

 

(そして、ルーレットが一点を指したのと同時にモノクマは「大正解〜!」と叫んだ。)

 

「”超高校級の歌姫” 夕神音 美久さんを死に追いやった後、”超高校級の柔術家” 前谷 光太クンを殺したクロは、”超高校級の美化委員” 松井 麗ノ介クンでしたー!!」

 

 

 

学級裁判 閉廷

 

「やれやれ…自信があったんだが。保険で行った見立てが良くなかったな。」

 

「いや…前谷君の死体を発見してない…この発言が失敗だったね。上手く誘導されてしまったよ。」

 

「マツイ…どうしてオマエがユガミネ殺しマスか。ワカリマセン。」

 

「……先程、クロの誤認のために夕神音さんを死なせたわけじゃないと言いましたね。どんな理由があったか話してください。」

 

「……。」

 

「……だよ。」

 

「ア?」

 

「愛だよ!僕の目的は、綺麗な美久と一緒にここを出ることだったのだよ!!」

 

「な…何を言ってんだ?」

 

「イカれちまったか?」

 

(彼は人が変わったように、歌うように話し出した。)

 

「彼女は完璧だった。身も心も清廉潔白…僕は彼女を愛していたのだよ!」

 

「え?そ、そうだったの?」

 

「ワカリマセン。愛していた?ならどうして殺すか。」

 

「分からないかい?美久は誰も愛したことがない、無垢な存在だったのだよ。」

 

「そんな存在が!薬で汚されるなんて!!考えるだに恐ろしい!!」

 

「な、何?考えても…分かんないよ…。」

 

「…みんな同じ気持ちですよ。」

 

「僕は美久をここから出してあげたかったのさ!美しいままでね!」

 

「いやいや、マジで何言ってんの〜!?」

 

「死んじまったら…意味ねーだろ!何で…。」

 

「だって、死んでいればいつまでも美しいままだろう!僕なら美久を永遠に美しいまま保存できるのさ!!」

 

「こ、怖いよ…松井さん…。」

 

(本当に何を言ってるんだろう。彼の言葉を上手く理解できない。)

 

「……惚れ薬を飲ませて自分に惚れさせるというやり方じゃダメだったんすか?」

 

「いや、お前も何言ってんだよ!?」

 

(そうだ、愛していたなら…。他の誰かに取られたくなかったのなら、その方法もあったはずだ。)

 

(少なくとも、誰も死なずにすんだ。死なせるよりも、殺すよりも…ずっといいはず…なのに。)

 

「……天海君には愛する女性がいないようだね。」

 

「……。」

 

「それじゃあ、分かり合えないね。」

 

「分かりっこない!僕がどれだけ彼女を愛していたかなんてね!!」

 

「モノクマに安楽死薬の存在を聞いた時は舞い上がったよ。美久を美しいまま死なせることができる。そんな薬が手に入るなんて、とね!」

 

「……!」

 

「彼女は誰にも汚させない。たとえ、僕にでも汚されることがあってはならないのさ!」

 

「彼女を彼女の手で殺させ、彼女の死体は美しいままだ!」

 

「美しく死んだ美久とここから出る…僕の計画は完璧だったのさ!」

 

「そんな理由で…前谷も…夕神音も殺されたのかよ…。」

 

「ひどいよ。」

 

「狂ってやがる…。」

 

「残念ながら、計画通りにいかなかったがね。だが大丈夫さ!僕は今から美久と同じ所に行くのだから!」

 

「ユガミネやマエタニと同じトコロに行ける思ってマスか。オマエはきっとーー」

 

(モノクマに最も近い席に立つ彼女が嫌悪感いっぱいの声を上げた。)

 

(真正面にいるせいか、今にもこちらへ飛びかかって来そうな迫力を感じる。)

 

「ローズさん…もう…いいですよ。」

 

「…怒るだけ…ムダだよ…。」

 

「何とでも思うがいいさ。愛の形は人それぞれ。誰も他人の愛情論に異議を唱える資格なんてないのだよ。」

 

 

「ねえねえ、そろそろ始めてもいいかなー?いいよね?うん。」

 

「美久に僕の愛が届いたのか、天で確認させてもらうよ!」

 

(彼の演説とモノクマの声が交錯する。)

 

「では、始めましょう!”超高校級の美化委員” 松井 麗ノ介クンのために、スペシャルなおしおきを用意しましたー!!」

 

「ククッ。これが愛を貫き死ぬ達成感…そして恐怖なのだね!」

 

「おしおきターイム!」

 

(モノクマの掛け声とともに、彼の姿は消えた。)

 

 

 

おしおき

“超高校級の美化委員” 松井 麗ノ介の処刑執行

『生ゴミ処理場』

 

広いフロアに、松井 麗ノ介は1人跪いていた。

フロアの汚れが目障りで、いつの間にか手にしていた掃除用具で手際良く落とした。汚れた床をあっという間に磨き上げたが、上から大量のゴミが落ちてきて、また周囲はゴミだらけになった。

落ちてきたゴミを手早くゴミ袋に入れる。が、それをあざ笑うかのように、雨の如くゴミが降り注ぐ。と、落ちてきた1つのゴミから刃物が飛び出した。鋭い痛みと共にそれは肩を貫き、零れた血がフロアを汚した。血で汚れた腕を動かし、フロアに落ちた血を拭き取る。

しかし、頭上からは途切れることなく、ゴミが降ってくる。ゴミは刃物となり、鈍器となり、身体とフロアを汚していく。

 

やがて、身体に力が入らなくなった。ゴミだらけのフロアに四肢を投げ出し、ゴミの上に顔を伏せる。頭にカップラーメンの空容器がのった。考えずとも掃除のために的確に動かしてきた腕は、指の先すら動かなくなった。

そして、ゴミ溜めの中 ゴミのように横たわる身体は、フロア全体から発せられた炎に包まれる。ゴミと共に身体を焼く匂いはひどいものだった。

臭い。汚ない。熱い。苦しい。

 

それは まるで、地獄の業火のようだった。

 

 

(……。)

 

(何で…こんなことに。)

 

(悔しい。彼の悪意に気付けなかったことも。)

 

(2人も殺されたのに…自分たちの手でまた1人を処刑台に送ったことも。)

 

(誰も何も言わなかった。泣いているような声、嗚咽を我慢するような声だけが響く。)

 

 

「……戻りましょう。」

 

(彼の言葉に、みんながようやく動き出し、裁判場を後にした。)

 

 

(ーー終わらせなきゃいけない。こんなことは。)

 

(モノクマは言った。『被害者の名前とその被害者を殺したクロの名前が一致して初めて正解だ』と。)

 

(この裁判は無意味だ。それを証明できれば…。)

 

(このコロシアイは終わるのだろうか…。)

 

 

 

第3章 愛と誠。デッド・オア・ラブ 完

第4章へ続く

 

前へ ホームへ 次へ