【になる】【となる】の違いとは?区別と使い分け・用法・英語言い換えは?difference ninaru tonaru


先生
先生
…こうして、私は日本語教師になったんです!
へえ、日本語オタクが講じて教師になったんですね。
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
…こうして、私は日本語教師となったんです!
…なぜ2回言うんですか?
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
いえ、「になった」と「となった」の違いでどのように印象が変わるか統計を取ってるんです。
急にやめてくださいよっ!もう、先生はほんとに日本語オタクですね。
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
教師や講師なんて〇〇オタクが講じてなる人ばっかりでしょう。
それは偏見では??
トラウマウサギ
トラウマウサギ

 

「~になる」「~となる」は変化を表す動詞ですね。

どちらも「come to」「become」という英語で表せて、違いや区別が分かりにくい日本語文法です。

明確な意味の違いがあるわけではありませんが、使い分けには少し違いがあります。

 

 

【になる】と【となる】の違いと区別

「~になる」「~となる」は、意味も形も非常に似ています。

日本人はどのように区別し、違いはどんなところにあるのでしょうか。

 

【になる】の意味と使い方

「物事の自然な変化」「他人による変化」を表す

英語:become, come to, grow up to

用法:名詞・動詞・形容詞に接続

N+になる

V+ことになる

な形容詞+になる

い形容詞+くなる

話し言葉、書き言葉どちらでもよく使われる

「5時になりました。家に帰りましょう。」

「彼女は成長して立派な淑女(レディ)になりました。」

「明日東京から友だちが来ることになった。」

「修学旅行は京都に行くことになった。」

「会議がキャンセルされて、暇になりましたね。」

「あなたのことが好きになりました。」

「こね続けると、生地が柔らかくなる。」

「だんだん痛くなってきた。」

 

【となる】の意味と使い方

「物事の意外な変化」「人為的な変化」を表す

英語:become, come to, grow up to

用法:名詞・動詞に接続

N+となる

V+こととなる

時間/な形容詞に接続しにくい

書き言葉でよく使われる

「彼は晴れて大学生となった。」

「初代総理大臣となったのは、伊藤博文だ。」

「彼はその後、厳しい道を歩むこととなる。」

「たくさん勉強することとなるでしょうね。」

 

例えば・・・

【になる】と【となる】の違いは、なった後の状態が 意外なのかそうでないか にあります。

「彼は大学生になった。」

「彼は大学生となった。」

「大学生になった」というと、彼(または筆者)にとって大学生になることは当然のことであるような印象。

「大学生となった」というと、書き手が大学生になることを意外に思っている、特別なことのように感じているという印象です。

「大学生となる」までに、色々な困難があったかのような書き方ですね。

「東京タワーを見ることになった。」

「東京タワーを見ることとなった。」

「見ることになった」というと、自然な流れでそういう話になった、誰かの提案によりそうなったという印象です。

「見ることとなった」というと、何か大きな理由があってそうなったような印象ですね。

「かくして、俺たちはその謎の死体を見ることとなったのだ…。」とか、ミステリ小説などでありそうですね。
トラウマウサギ
トラウマウサギ

また、【になる】と【となる】の大きな違いは、【となる】は形容詞に接続しにくいということです。

「この辺はにぎやかになったね。」

「君、表情が固くなってるよ。」

×「この辺はにぎやかとなったね。」

 

【になる】【となる】の英語はbecome?

「~になる」「~となる」の英語で、まず私たちが思い付くのは「become」

以下のような例文は、中学校で学びますね。

「He became a Japanese teacher. 」

「She became an beautiful woman. 」

「My brother becomes taller than our mother. 」

しかし、【になる】【となる】の媒介語を「become」!と言ってしまうのも微妙なところ。

なぜかというと、用法が違うからです。

例えば、以下の文はどのように訳しますか?

「彼のことを好きになった。」→「I’ve become to love him.」?

これは実は間違い。

この表現は「become」を使えない「になった文」です。

そう…「become」は動詞(to do)と接続できないんです!!

英語の「好き」は動詞ですので、接続しにくいんですね。

ちなみに、日本語で「好きだ」はナ形容詞(形容動詞)として活用されます。

先生
先生
媒介語で説明するなら、「become」は動詞と接続しない、【になる】は動詞・形容詞・名詞全てと接続できることを知っておきましょう。
ちなみに、「彼を好きになった。」は「I’ve become to love him.」じゃないんですよね?」
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
そう。「I’ve come to love him.」がいいですね。

 

まとめ

  • 【になる】と【となる】の違い

【になる】は、自然な変化を表す。

【となる】は、意外な変化を表す。形容詞に接続しにくい。

  • 【になる】と【となる】の英語

「become」「come to」「grow」「get」など

 

前回記事:【だけに】【だけあって】【だけのことはある】の違いは?

次回記事: