コンテンツへスキップ

前へ ホームへ 次へ

 

第二章 少年よ、殺意を抱け 非日常編

 

「いやぁ、またまた殺人が起こってしまいましたね!昨今のキレやすい若者にはのんびり牧場ライフを楽しむなんて無理だったかー!」

 

(モノクマが笑いながらモノクマファイルを配る。アナウンスを聞いて集まった全員が、無言でそれを受け取った。)

 

(被害者は”超高校級のジムリーダー” 郷田 毅。死亡推定時刻は午前2時頃。死因は胸部を刺された出血によるショック死。側頭部に打撃痕がある。)

 

(本当に、また殺人が起きてしまったんだ…。)

 

(被害者の死体に目を向ける。)

 

(胸から腹にかけて血に塗れ、力なく大きな岩に寄りかかった死体。その手には、なぜか引きちぎられたヘビの人形が握られていた。)

 

 コトダマゲット!【モノクマファイル】 

 

「さあ、ではではみなさん!捜査を開始してね!」

 

「あ、そうそう。もう今回の動機についてクラスメイト以外と共有してもいいよ!ただし、モノパッドを見せるのは禁止です!」

 

(モノクマはそう言い残して上機嫌に去って行った。)

 

 

「けいは大丈夫なの?」

 

「あ、ああ…。犯人に何かで殴られたんだけどよ…。」

 

「犯人の顔を見たのかしらぁ?」

 

「いや…郷田の姿を見た時、後ろから殴られたからさ…。」

 

「……。」

 

「……本当に、君は被害者なのかね?」

 

「は?」

 

「この扉、中カラ鍵かけてました。」

 

完全 密室、完全 密閉。」

 

「外にいた人間に、郷田さんを殺すのは不可能ですわ。」

 

「え?いや、な、何言ってんだよ!?」

 

「…永本さん、もしかして、郷田さんを…。」

 

「ち、ちげーぞ!?オレじゃねーよ!?」

 

 

「……みなさん。とりあえず、今は情報を集めるのが先決です。また手分けして捜査しましょう。」

 

「また4人コウドウですカ?」

 

「今回は、きっといないね、共犯者。」

 

「フム。今回は確かに共犯者がいる可能性は低いね。」

 

「では…2人か3人で行動しても問題ないでしょうね。」

 

 

「あ…みんな、各自 捜査する前に…みんなのクラスメイトについて教えてほしいんだけど…。」

 

「今回の動機でやんすね。」

 

(クラスメイト…今回の動機…。この事件にも、動機が関わっているのかな…。)

 

「ぼくは光太君と…あと、妹子とクラスメイトだったよ。…ね、光太君。」

 

「はい!!自分は哀染先輩と妹尾先パイとクラスメイトでした!クラスは “超高校級”の生徒ばかりで、デザイナーやパイロット、花屋なんかがいましたね!」

 

「私は松井君とローズさんと同じだったのよねぇ。」

 

「そうだね。僕らのクラスも全員 “超高校級”だ。”超高校級の探偵” “超高校級の幸運” “超高校級のゲーマー”などがいたね。」

 

「ユガミネとマツイの言う通りデス。」

 

「わたしのクラスメイトは、この中にいませんでした。ですが、クラスはやはり全員が “超高校級” でしたね。」

 

「この場所に合いそうな…”超高校級の農家”という人もいました。」

 

「ここに俺っちのクラスメイトはいないでさぁ。でもだがしかし、他のみんなが “超高校級” だったのは同じでぇ。」

 

「ボクも天涯孤独、孤軍奮闘。クラスメイトはここにいない。クラス全員 “超高校級”。」

 

「あたしたち…けい、ここみ、ことは、あたしがクラスメイトだったよ。モノパッド見る前は初めましてだと思ってたけど…。」

 

「あ、ああ…そうだな。」

 

「うん…。僕らは間違いなくクラスメイトだったよ。」

 

「………うん。」

 

(みんなのクラスメイトも全員 “超高校級” ?そんなに “超高校級”を集めた学校がたくさんあるのかな…。)

 

「そんなに政府の認定数は多いものなのかね?」

 

「……”超高校級”のバーゲンセールだな…。」

 

 

「えっと…天海さんは?」

 

「……俺は…白銀さんとクラスメイトだったっす。」

 

「白銀先パイと…?」

 

「そうっす。うちも”超高校級”を集めたようなクラスで…探偵やピアニスト、宇宙飛行士…」

 

「変わったところですとロボット、魔法使い、悪の総統なんかもいたっすね。」

 

「何だそれは。君のクラスは世界観が統一されてないな。」

 

「ってか同じ年に”超高校級の探偵”2人も政府認定されてんの?そんなに探偵たくさん必要?米花町じゃねーんだっつの!」

 

「とにかく、ありがとう。これで捜査がしやすくなったよ…。」

 

(……?)

 

 

(みんながいくつかのグループになって散っていく。)

 

「蘭太郎君。一緒に調査してもらってもいいかな?」

 

「……はい、もちろん。」

 

「まずはここから調べようか。」

 

(被害者の死体が目に入る。彼は口が悪くてぶっきらぼうだったけど……誰よりも友人想いだった。)

 

(そんな彼を殺した人物…見つけなきゃ…絶対に。)

 

 

 死体を調べよう

 鉱山内を調べよう

 鉱山内にいる人の話を聞こう

全部調べたね

 

 

 

(被害者の死体は鉱山の奥、岩に寄りかかるようにそこにあった。胸からお腹にかけて血で汚れている。)

 

「……毅君、かなり出血したみたいだね。」

 

「これは…郷田君の血だけじゃないみたいっすよ。」

 

「え?」

 

「郷田君が持っているヘビの人形っす。」

 

(言われて、もう一度被害者を見た。彼の両手には小さなヘビの人形が引きちぎられた状態で握られている。)

 

「これって、そこにある大蛇や牛の人形と同じだよね?」

 

(初めて来た時に見た大きなヘビの人形は、依然として舌だけを動かしてとぐろを巻いている。)

 

(握られたヘビの人形は別の種類のものなのだろう。血の汚れから覗く模様の色は派手なものだった。)

 

「このヘビも血塗れだね。…そっか。ヘビの血もあるんだ。」

 

「牧場の牛からは大量の血が出ましたからね。このヘビが引きちぎられた時も、血が出たんでしょう。」

 

「毅君がこのヘビの人形を引きちぎった…のかな?」

 

 コトダマゲット!【ヘビの人形】 

 

「……それにしても、凶器の刃物はどこに行ったんすかね?」

 

「そういえば…。」

 

(もう一度、被害者の胸をよく見る。彼の胸は細く鋭利な刃物で刺された痕があるだけだ。)

 

「凶器は…ここにクワは落ちてるけど…。」

 

(付近に落ちている凶器となりそうな物は、モノクマに持たされていたクワだけだ。)

 

「クワは郷田君の頭の打撃痕を作ったものっすね。クワの先端に血がついてるっす。」

 

(そうだ…被害者の側頭部の傷…これはクワで殴られたものだろう。死因にはならなかったようだが、十分痛々しい。)

 

(モノクマが”道具”を持つことを強要したせいで、彼はこの苦痛を受けることになった。)

 

「…あれ?毅君は”道具”を携帯してなかったのかな?彼の”道具”が見当たらないけど。」

 

「いえ、おそらく、犯人がクワの代わりに持って行ったんすね。鉱山から出た後も、道具を携帯する必要があるっすから。」

 

「あ、そっか。」

 

 

「他にも彼の持ち物がないか確認してみましょう。」

 

(彼は死体の懐を探りーー)

 

「紙が入ってたっすね。手書きのメモ…みたいっす。」

 

「何が書いてある?」

 

「『話がある。午前1時に南エリア鉱山に来い。』…犯人からの呼び出しっすかね。」

 

(特徴的なクセ字で書かれたメモだ。……どこかでこの筆跡を見た気がする。)

 

 コトダマゲット!【郷田のメモ】 

 

back

 

 

 

(鉱山内をグルリと見回す。と、死体から少し離れたところに何かが落ちているのが見えた。)

 

モノパッドだ…。」

 

「壊されてるっすね。血が付いてるから…クワで叩き割られたんだと思うっす。」

 

「えっと…誰のかな。」

 

「郷田君以外考えられないっすよ。俺たちは校則でモノパッドを常に携帯しなきゃなんねーっすから。」

 

「そっか。…どうして犯人は わざわざモノパッドを壊したんだろう。」

 

「……。」

 

「どうかした?」

 

「いえ…何でもないっす。」

 

 コトダマゲット!【破壊されたモノパッド】 

 

「わひゃ!?」

 

(俯いて考えていると、小さく悲鳴が聞こえた。)

 

「ぽぴぃ君、どうしたの!?」

 

「びっくりビックリ。ヘビの人形ここにも ここにも。」

 

(彼の視線の先、小型のヘビの人形が不規則な動きを繰り返している。)

 

「全部 人形です!大丈夫ですよ!」

 

「大蛇は全然 動かない。けれど結構 動くよ小さいヘビ。」

 

「大きい機械を動かすのは結構 大変すからね。」

 

(じゃあ何で牧場の牛は動いてたのかな…。)

 

 

「えっと、とりあえず、鉱山内で気になるのは壊されたモノパッドくらいかな?」

 

「ーーいや、明らかにおかしいことがあるっす。」

 

「おかしいこと?」

 

「郷田君を刺した凶器っすよ。見たところ、郷田君のそばにも凶器がありません。」

 

「あ、そうか。鉱山内には なさそうだね。犯人が持ち出したのかな。」

 

 コトダマゲット!【現場の凶器】 

 

back

 

 

 

「……”“の話は聞いておきたいっすね。」

 

(ーーそうだ。この鉱山内で死体と一緒に発見された彼。彼なら何か知ってるはずだ。)

 

(鉱山の隅でクラスメイトに付き添われて休んでいる彼に向き直った。)

 

「……。」

 

「圭君、大丈夫?」

 

「あ、ああ。大して血も出なかったみたいだしな…。」

 

「ホントびっくりしたよね。けいが死んじゃったかと思ったよ!」

 

「圭君、事件について教えてくれる?」

 

「…何だよ、お前らもオレを疑ってんのか?」

 

「そういうわけじゃないよ。でも、圭君が無実ならそれを証明するためにも情報が必要なんだ。」

 

「…ああ、そっか。そうだな。」

 

「オレはここに呼び出されたんだよ。」

 

(彼の懐からメモ用紙が取り出される。そこには筆跡が読み取れない線を重ねたような字が並んでいた。)

 

「『お前の才能を知っている。知りたければ深夜に鉱山に1人で来い』…これはいつどこで受け取ったんすか?」

 

「昨日いつの間にか部屋のドアに挟まれてたんだよ。」

 

「けいの才能…?そっか…。」

 

「圭君は自分の才能について記憶がなかったもんね。」

 

「あ、ああ。だから、気になってさ。」

 

 コトダマゲット!【永本のメモ】 

 

「……。それで、キミはここに来たんすね。」

 

「ああ。深夜にここに来たら郷田が倒れててよ。」

 

「え、彼の死体を発見したってこと?」

 

「そうだよ…。けど、おかしいんだ。」

 

「おかしい?」

 

「オレが見た時、郷田はヘビなんて持ってなかった…と思う。」

 

「ヘビ…毅君が掴んでた人形のことだね。じゃあそれは犯人の仕業ってこと?」

 

「いや…殴られた後も少し意識があったんだけどさ…犯人が立ち去る音…扉が閉まる音は聞いたんだ…たぶん。」

 

「えっと、犯人がしたわけじゃないってこと?じゃあ…被害者が自分でヘビを掴んだってこと…だよね。」

 

「それで引きちぎったの?まだその時、つよしは死んでなかったんだね。」

 

「毅君は即死じゃなかったんだ…。それで…ヘビを掴んで引きちぎった。」

 

「ああ…たぶんな。」

 

「……。」

 

(でも、何でそんなことを…?)

 

 コトダマゲット!【永本の証言】 

 

「あ!お二人とも!今日1時頃は何をしてましたか!?」

 

「みんなのアリバイ確認中。」

 

(鉱山奥にいた2人が話しかけてきた。)

 

「午前1時頃だよね?宿舎で寝てたよ。誰も証明してくれる人もいないし、アリバイなしかな。」

 

「右に同じっす。」

 

「あ!疑ってるわけじゃないですよ!?犯人を見つけるためですから!!」

 

「う、うん。分かってるよ。…それで、アリバイがあった人はいた?」

 

「いえ!永本先輩 以外はみなさん自室で休んでいたそうです!!」

 

(午前1時だし…。それはそうだよね…。)

 

 コトダマゲット!【全員のアリバイ】 

 

back

 

 

 

「……鉱山内は、ある程度調べたっすね。後はーー」

 

(扉の近くに近寄る。扉の内側には、折れた木の板が転がっていた。)

 

「この折れた木の板はかんぬきですね。」

 

「かんぬき…?」

 

(木の板を調べていた彼女が落ち着いた声で言う。)

 

「ええ。扉はこの木の板を錠にした閂タイプです。この木の板を閂、これを掛ける金具を閂かすがいといいます。」

 

(鉱山の扉は観音開きの左右の扉に閂…1枚の木の板を、閂かすがい…L字の金具に上から掛けて施錠するものだ。)

 

「俺たちが来た時、閂が掛かってたっす。俺やぽぴぃ君、女性陣だけでは突破できなかったっす。」

 

「みんなが言ってたように…密室だったってことだよね…。」

 

「そうっすね。……ただ、外にいた人間に犯行が不可能とは言えないっす。」

 

「どういうこと?」

 

「密室は結構 簡単に作れるんすよ。特に、こんな簡易なタイプの扉なら。」

 

「え!?ど、どうやって?」

 

「それは…まだ分からないっすね。とりあえず扉を調べましょう。」

 

「うん。あれ?」

 

「どうしたんすか?」

 

「ここ…閂かすがい?閂を掛ける金具の突起よりちょっと上に…穴が空いてるんだ。」

 

「本当だ。……こっちにもあるっすね。」

 

(閂かすがいの上部に直径1、2cmほどの小さい穴が空いている。観音開きの扉の左右両方だ。)

 

(そういう仕様なのかな?それとも…。)

 

「…こっちの穴には血が付着してるっす。」

 

「え?何でそんなところに?」

 

「……事件に関係ありそうっすね。」

 

 コトダマゲット!【扉の穴に付いた血】 

 

「ひとまず、現場はだいたい調べられたっすね。……でも、刺殺の凶器が見つかってないっす。」

 

「凶器は…鍛冶屋かレストランのキッチンのものかな。」

 

 

「あ、天海さん、哀染さん。ちょっといいかな?」

 

「あ、ここみ君。どうしたの?」

 

「……あのね、2人の “道具” を全部見せて欲しいんだ。」

 

「え?」

 

「……そうっすね。俺の宿舎に先に行きましょう。」

 

 

 

【南エリア 西牧場】

 

「俺が今 携帯してるのは野菜の種っす。残りはここに全部ありますね。」

 

(彼の部屋は他の宿舎と同じく、簡素なベッドのみのシンプルなものだ。壁に立て掛けられた道具はモノクマからもらった物が全て並んでいる。)

 

「うん。全部揃ってるね。ありがとう…。」

 

「えっと…何でそれを見たいの?」

 

「現場にあったのはクワだけだったっす。」

 

「あれが犯人の物なら、犯人は郷田さんの道具を代わりに携帯して帰らなきゃいけないからさ…。」

 

「あ…そっか。犯人の道具が揃ってなくて、重複してる可能性があるんだね。」

 

「まあ…あれが郷田さんのものだったり、犯人も郷田さんもクワを携帯していたなら意味がないんだけどね…。」

 

「他のみんなの道具はどうだったんすか?」

 

「うん、今のところ みんな揃ってるよ。現場で倒れてた永本さんが持ってたのも野菜の種だけだったし…。一応 後で永本さんの部屋も行ってみるけど。」

 

「あ、じゃあ、その時ついでに ぼくの部屋の道具も見せるよ。」

 

「う、うん。じゃあ、また後でね…。」

 

(小柄な背中を見送って、牧場から町へ進む。)

 

(さて、どこから行こうかな。)

 

 

 鍛冶屋へ行こう

 レストランキッチンへ行こう

全部調べたね

 

 

 

【南エリア 鍛冶屋】

 

「やあ、君たちも来たか。」

 

「天海様に哀染様ではありませんか。」

 

「麗ノ介君、アイコ、何か見つかった?」

 

「いや、見つからないのだよ。おかしなことに。」

 

「おかしなこと?」

 

「昨日も言ったはずだがね。ここにあったはずのものが なくなっているのだよ。」

 

「言ってましたねぇ…。何かってのは何なんですかぁ?」

 

「壁に掛かっていた…おそらく刃物だろう。」

 

「どんなのだったか覚えてる?」

 

「いや、悪いが壁よりもこの炉やかまど、金床の汚れが気になっていてね。」

 

(確かに、昨日見た時も炉やかまどは新品みたいだった。何をしたらあんなに綺麗にできるんだろう?)

 

「とにかく、一昨日の朝から昼にかけて刃物がなくなったのは事実だよ。」

 

 コトダマゲット!【松井の証言】 

 

back

 

 

 

【中央エリア 宿屋1階キッチン】

 

「アイゾメ、アマミ、ゴブサタしてます。」

 

「貴方たちも凶器を探しているの?」

 

「うん。なくなってるものを確認しに来たんだ。」

 

「ありませんデス。」

 

「え、何かなくなってる!?」

 

「いいえぇ、なくなっている物がないのよ。このチェックリストも調べたんだけど。」

 

(入り口に貼られた備品チェックリストを見て彼女たちは言う。)

 

(確かに…昨日 来た時と何も変わったところはなさそうだ。調理器具は揃っているし、細く鋭利なシュラスコ串も昨日と同じようにそこにあった。)

 

「……昨日の昼、夕神音さんとキッチンで会ったっすね。あれからしばらくレストランにいたんすか?」

 

「えぇ。モノパッドを見てから頭が痛くて。あの後 夕食までレストランで座ってたの。松井君も途中からレストランの掃除を始めたから一緒だったわぁ。」

 

「その時、誰かキッチンに入った人は?」

 

「いなかったわぁ。」

 

「……キッチンの器具が凶器の可能性は低いっすね。」

 

「えっと、どうして?確かに今は全部 揃ってるけど、犯行前に犯人が持ち出してたのかもしれないよ。」

 

「キッチンは夜時間 封鎖されるっす。そしてここから持ち出した物は20時間以内に返さなければならないっす。」

 

「あ…そうか。事前に隠しておけないんだ。キッチンに入れる朝8時以降に返すとしたら…えぇと、昨日の昼12時から夜時間までしか持ち出せないんだね。」

 

「昨日の夕食から夜時間まではレストランの人通りもあったし、難しいわよねぇ。」

 

「今朝ワタシとヤマト先生はレストラン、8時ピッタリ1番ノリ。でもオダイドコロ行った人いません。」

 

「その後、俺らは複数人で手分けして永本君たちを探してたっすから、キッチンに入ることはできなかったはずっす。」

 

「昨日キッチンから刃物を持ち出したとしても…返すタイミングがないね。」

 

「それに、シロートが血のショリしますデモすぐ分かりマス!オダイドコロの道具、凶器じゃないデス!」

 

(シュラスコ串が凶器かと思ったけど…キッチンの刃物が犯行に使われた可能性は低い…か。)

 

 

 コトダマゲット!【キッチンの様子】 

 

 

【宿屋2階 個室前】

 

「あ、哀染さんちょうど良かった…。」

 

「……。」

 

「ここみ君、琴葉。圭君の部屋を見てたの?」

 

「うん。アイコさんに鍵も借りて、アイコさんの部屋も見たよ。」

 

「全員…道具 揃ってる…。」

 

「そっか、じゃあ僕のところも見せるね。」

 

(部屋の鍵を開ける。中は朝と変わりなく、壁に立て掛けた道具も揃っていた。)

 

「ちなみに、今 持ってるのは野菜の種だよ。」

 

「今日は野菜の種を携帯してる人がほとんどだね。」

 

「重くないし、かさばらないからね。」

 

「うん、ありがとう…。これで、道具が欠けてる人も重複してる人もいないね。」

 

「永本さんのクワ…。」

 

「そうだね。変わったところといえば、永本さんのクワが折れていたことくらいかな…無駄なことしちゃったね…。」

 

「…いえ、これで郷田君も犯人もクワを持っていたまたは現場のクワは郷田君のものだと分かったっす。」

 

「そうだよ。重要な気付きかもしれないよ。」

 

 コトダマゲット!【全員の持つ道具】 

 

「あの…郷田さんの胸の刺し傷、あれって、細い刃物で刺された跡だよね…。」

 

「う、うん。何か凶器に心当たりがあるの?」

 

「うん…。最近、五寸釘で人を殺す…そんな方法を見たから、さ…。」

 

「……。」

 

「どういうことっすか?郷田君の胸の傷…五寸釘にしては刺し傷が大きかったし、釘じゃ体から引き抜きにくいと思うんすが…。」

 

「死体から引き抜く必要はないんだよ。遠隔で殺せるって…話だし……。」

 

「……佐藤さん。」

 

「あ…。ご、ごめん。五寸釘も、家具から釘を抜く道具も、どこにもなかったんだけどね。」

 

「…そ、それに、そんな殺し方なんてあり得ないよね…。ごめんね、じゃあ哀染さん、天海さん、後でね。」

 

(2人はそのまま立ち去った。)

 

(五寸釘…?遠隔で殺せる…?そんなことがあり得るのかな…。)

 

「哀染君、そろそろ移動しましょう。」

 

 

back

 

 

 

『時間になりました!オマエラ、中央エリア広場まで集まってください!』

 

 

【中央エリア 広場】

 

(……時間になってしまった。)

 

(広場に全員が集まると、広場中央から赤い扉のプレハブの建物が現れた。)

 

(建物の中はエレベーターホールになっている。)

 

(全員がエレベーターに乗り込めば、エレベーターはゆっくり下降していった。)

 

 

(エレベーターの揺れは前回の事件を思い出させた。)

 

(前回は何もできなかった。……考えることさえも。でも、それじゃダメだ。)

 

(みんなのためにも、被害者のためにも、そして…あの人のためにも。)

 

(闘わなきゃ…いけない。)

 

(この命が懸かった学級裁判で…!)

 

 

 

コトダマリスト

 

【モノクマファイル】

被害者は”超高校級のジムリーダー”郷田 毅。死体発見現場は鉱山内。死亡推定時刻は午前2時頃。死因は胸部を刺された出血によるショック死。側頭部に打撃痕がある。

【現場の凶器】

鉱山内で発見されたのは血の付いたクワだけ。刺殺に使われた刃物は見つかっていない。

【鉱山の扉】

鉱山入り口の観音開きの扉。左右の扉に1枚の木の板を上から掛けて施錠する簡易な閂タイプ。扉の左右に直径1、2cmほどの穴が空いている。

【扉の穴に付いた血】

扉の穴の片方には少量の血が付着している。

【ヘビの人形】

死体が握っていた小型のヘビの人形。引きちぎられ、血塗れになっている。

【破壊されたモノパッド】

死体から少し離れた地点に落ちていた。郷田のモノパッドと思われる。故意に壊された痕があり、少量の血が付いている。

【郷田のメモ】

死体から発見されたメモ。内容は『話がある。午前1時に南エリア鉱山に来い。』というもの。特徴的な筆跡で書かれている。

【永本のメモ】

永本が持っていたメモ。『お前の才能を知っている。知りたければ深夜に鉱山に1人で来い。』と定規を使って書かれている。

【全員のアリバイ】

死亡推定時刻の午前1時頃、永本以外は自室で休んでいたと証言。アリバイがある者はいない。

【全員の持つ道具】

モノクマから渡された”道具”は、全員分が欠けること、重複することなく揃っている。永本のクワだけは破損している。

【永本の証言】

永本が倒れた郷田を発見した時、郷田はヘビを握っていなかった。

【松井の証言】

一昨日の午前中から昼の間に鍛冶屋から刃物が消えている。山登りの前は鍛冶屋の刃物は揃っていた。

【キッチンの様子】

夜時間 封鎖され、備品は20時間以内に返さなければならない。備品は捜査時間には揃っていた。夕神音によると、昨日の12時頃から夕食まで立ち入った者はいない。夕食後、夜時間までレストランに人通りがあった。

【モノクマの追加ルール】

モノクマに与えられた”道具”を最低1つ携帯しなければならない。道具はクワ・カマ・じょうろ・野菜の種・乳搾り器・オノ・ハンマー・釣竿の8種類。

 

 

学級裁判編へ続く

 

前へ ホームへ 次へ