結構ですは肯定?否定?ビジネスでも使える敬語なの?目上の人には失礼?外国人が戸惑う日本語を英語・類語から解説

タグ:

先生
先生
トラウマウサギくん、その卵焼き美味しいですか。
はい、結構美味しいです!
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
これも食べますか?
あ、いえいえ、結構です。もうお腹いっぱいなので…。
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
そうですか。自分では結構な腕前だと思っていたのですが…
とても美味しいですよ!でも僕の主食 草だから…
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
お世辞なんて言わなくても結構ですよ…
先生
先生
さて、今4種類の違う意味の「結構です」が登場しました。意味がそれぞれ違うことに気づきましたか?

 

日本人が何気なく使う「結構です。」という言葉。

結構、外国人にはYesなのかNoなのか分かりにくいものです。

今回は、「結構です」の4つの意味の違いと、ビジネスシーンの使い方を見ていきましょう。

 

 

否定?肯定?【結構】には4つの意味がある

以下の意味の違いは分かりますか?

①「結構なお住まいですね!」

②「結構美味しいですね!」

③「書ける範囲で結構ですので、ご記入ください。」

④「おかわりは結構です。」

このうち、否定を表すのは④のみです。

一方、③の意味は肯定的で、YesかNoかで外国人が意味を間違いやすい日本語です。

 

①結構な~(素晴らしい~)

とても良い、素晴らしいの意味

相手を褒めるときに使う(形容詞)

英語 wonderful, excellent, awesome

「結構な景色ですね。」

「結構なお手前で…」(茶道の作法的な言葉)

「そうですか、あなたは結構なお家柄の出なんですね。」

「素晴らしい!」の意味で「結構です」を使うときは、皮肉に受け取られることもありますので注意が必要。

「素晴らしい」と言った方が無難です。

 

②結構(とても)

とても、かなりの意味

量や数、程度がたくさんのときに使う(副詞)

英語 quite, pretty

「結構食べたよね。」

「この辺、結構ノラネコが多いんだ。」

 

③結構です(構いません、問題ありません)

構いません、問題ありませんの意味

相手への許可や許諾

英語 No problem. It’s okay.

「お支払いは後で結構です。」

「部長、こちらが書類です。…いかがでしょうか。」「…結構です。確かに受け取りました。」

 

④結構です(いりません)

いりませんの意味

勧めや申し出を断るときに使う

英語 No, thank you.

「袋はご利用ですか?」「結構です。」

「おかわりいかが?」「ありがとうございます、でも結構です。」

「いや~、もうお酒は結構です。お水にします。」

 

①「結構なお住まいですね!」(素晴らしい)

②「結構美味しいですね!」(とても)

③「書ける範囲で結構ですので、ご記入ください。」(構いません、問題ありません)

④「おかわりは結構です。」(いりません)

 

「結構です」の使い分け・見分け方

「結構です」には4つの使い方があります。

日本人でも混同している使い方なので、外国人にはさらに紛らわしいでしょう。

ここで簡単な見分け方を見ていきましょう。

 

「素晴らしい」と「とても」の見分け方

①と②「素晴らしい」と「とても」の見分け方

①「結構なお住まいですね!」(素晴らしい)

②「結構美味しいですね!」(とても)

この2つは、【結構】の用法が異なります。

①は、「結構だ」というナ形容詞(形容動詞)→名詞に接続

②は、「結構」という副詞→動詞や形容詞に接続

後ろに「な」や名詞が付いたら、素晴らしい!と褒めているんだと覚えておきましょう。

 

③と④「構いません」と「いりません」の違い

③「書ける範囲で結構ですので、ご記入ください。」(構いません、問題ありません)

④「おかわりは結構です。」(いりません)

外国人を悩ますこの違い。

この2つは、文脈から考える他ありません。

向こうからの依頼やこちらの仕事に対する話なら「問題ありません」。

申し出や勧めに対して「結構です」なら「いりません」。

以下、練習問題です。どちらの意味でしょうか?

「鉛筆で書いていいですか?」「結構ですよ。」

→③問題ありません。

「スケジュールはこんなものでよろしいですか?」「結構です。」

→③問題ありません。

「席を代わりましょうか?」「結構です。」

→④いりません。

「お手伝いしましょうか?」「結構です。」

→④いりません。

 

ビジネスシーンで「結構です」はOK?NG?言い換えは?

ビジネスで「結構です」という言葉は使えるのでしょうか。

 

「結構です」はビジネスでも使用できる?

「結構です。」はビジネスでも使用できます。

ただし、 目上の人に使うのには適しません 

また、日本人の中には「いりません」の「結構です」が突き放す言い方だと感じる人も多いため、注意が必要です。

先生
先生
「やんわり断る」というのが、日本人らしい断り方です。

では、どのように言えば良いでしょうか?

 

「結構です」の言い換え

「遠慮しておきます。」

「お気持ちだけ頂きます。」

「もう十分頂きましたので…。」

これらは、相手の気分を害さないようにやんわり断るのにおすすめ。

「いえいえ」や「ありがとうございます、でも、」などクッションとなる言葉を入れるとなお良いでしょう。

「お茶をもう一杯いかがですか?」

「いえ、遠慮しておきます。」

「ありがとうございます。でも、お気持ちだけ頂きます。」

「お気遣いなく。もう十分頂きましたので…。」

 

「大丈夫です」はビジネスでNG

「結構です」の代わりに、「大丈夫です」を使う人が多いのですが、こんなシーンは見たことありますか?

コンビニにて

店員「レシートご利用ですか?」

客「あ、大丈夫です。」

これは、「(レシートは必要ないので)大丈夫です。」ということです。

これも外国人からすると不思議な日本語ですね。

先生
先生
もともと「大丈夫」とは、「立派な男性」という意味でした。それが「間違いない」「確かだ」の意味で使われるようになっていきました。

「大丈夫です」は、本来ビジネスには使わない言葉です。

特に、「大丈夫ですか?」や「大丈夫です」は、目上の人に使ってはいけません

先生
先生
今なら怒られることは少ないですが、年配の人相手には特に注意してください。

 

「結構です」には否定の意味はなかった!?

もともと、「結構です」には、「いりません」という否定の意味はありませんでした

本来、「いりません」を意味する「結構です」は、「私は十分満足しています(からこれ以上はいりません)。」という意味。

遠慮の意味が強く、直接的に否定の意味はありません。

それが、意味的にはNoとなるため、否定的に解釈されて使われているということです。

 

まとめ

  • 結構ですの4つの意味

「素晴らしい!」

「とても」

「構いません。」

「いりません。」

  • 目上の人に「結構です」はNG
  • ビジネスシーンで「大丈夫です」はNG

 

前回記事:日本語を勉強する外国人向けのおすすめ本!【初級~上級用】英語・中国語・韓国語翻訳版も

次回記事:なぜ日本語には主語がないのか?主語・目的語を省略する3つの理由