【興味】【関心】【好奇心】の違いとは?日本語の教育現場の例文・英語で解説|what’s the difference


先生
先生
…というわけで、日本語というのは他国から見た文献が少なくて…。
へー。
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
もっと関心を持ってくださいよ。
そういわれましても…。
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
ふむ…では、好奇心を刺激しましょうか。「興味」「関心」「好奇心」には、な、なんと、違いがあるんですよ!
へー。
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
もっと興味持ってくださいよ!……

 

 

【興味】【関心】【好奇心】の意味と例文

【興味】【関心】【好奇心】は非常に似た言葉です。

なんとなく日本人は使い分けていますが、どのように使い分けをしているのでしょうか。

まずは【興味】【関心】【好奇心】の意味と例文を見ていきましょう。

 

【興味】の意味と例文

おもしろいと思って心がひかれること

類義語:関心、好奇心、食指

英語:interest

「趣味といえるほどではないですが、絵画に興味があります。」

「インドの歴史に興味があります。」

「興味のあることはとことん調べるようにしています。」

「興味を引く記事を見つけた。」

「その話題はとても興味深い。」

「学ぶたびに、興味が高まる。」

 

【関心】の意味と例文

ある物事に心をひかれ、特に注意を払うこと

類義語:興味、好奇心、配慮、心配

英語:interest, concern

【興味】より踏み込んだ強い気持ち

「関心を抱いたのは、彼だけではなかった。」

「どうもあなたに関心があるようですね。」

「何事にも無関心なのは良くない。」

「あなたのレポートに関心を示した人は多かったですよ。」

「言葉に関心を持つことは重要だと思う。」

先生
先生
「関心」は「彼の行動にはいつも感心する」の「感心」とは違いますね。

 

【好奇心】の意味と例文

知らないことや珍しいことへの興味・関心

類義語:興味、関心、出来心

英語:curiosity, inquisitiveness

「好奇心に勝てなかった。」

「彼は好奇心旺盛です。」

「好奇心からパンドラの箱を開けてしまった。」

「彼は昔から好奇心が強い子だった。」

「単なる好奇心から始めた勉強だったが、思いの外楽しかった。」

 

【興味】【関心】【好奇心】の違い

【興味】【関心】【好奇心】の違いはどんなところにあるのでしょうか。

【興味】は、広い意味で心がひかれること

【関心】は、【興味】より一歩踏み込んだ気持ち

【好奇心】は、知らないことや珍しいことに心がひかれることです。

 

例えば・・・

「日本語に興味を持つ。」

「日本語に関心を持つ。」

「日本語に好奇心を持つ。」

これらの違いを見ていきましょう。

「日本語に興味を持つ」は、日本語がどん言葉か知りたい、やってみたいという状態。

一方、「日本語に関心を持つ」は、文法ルールを調べたり、日本語の歴史を調べたり、具体的な行動をしている状態。

「日本語に好奇心をもつ」は、日本語を知らない人が知りたいと思うこと。

先生
先生
【興味】と【関心】の違いは、気持ちの強さと具体的行動。しかし、似た言葉なので「興味関心」のようにひとつの単語にされています。

「君と付き合ったのは、ただの興味本位だった。」

「単なる好奇心から、火を付けた。」

上の例のように、「興味本位」や「好奇心」は、ネガティブな文章で用いられることがあります。

 

まとめ

【興味】は、広い意味で心ひかれること。

【関心】は、さらに踏み込んで行動すること。

 

【好奇心】は、知らないことや珍しいことに心ひかれること。

 

前回記事:【重要】【重大】【大切】【大事】の違いは?

次回記事: