【意外】と【案外】の違いとは?類義語【存外】【思いのほか】の使い分け・意味の違いを徹底解説


トラウマウサギ
トラウマウサギ
いやあ、あそこのお店、意外と美味しかったですね!
あんまりおいしくて案外長居しちゃいましたね。
先生
先生
トラウマウサギ
トラウマウサギ
本当に。思いの外 時間がたっててびっくりしました。
そうですね、存外遅い時間になってしまいました…。
先生
先生
トラウマウサギ
トラウマウサギ
【意外】【案外】【思いの外】【存外】…似た言葉のオンパレードですね!

 

 

【意外】と【案外】は、日本語中上級で登場する単語です。

思っていたより○○なとき、予測をこえたときに使われますね。

【思いの外】【存外】なども類似語です。

 

【意外】と【案外】の意味と違いとは?

【意外】【案外】は厳密に言えば若干の違いがありますが、どう違うと思いますか?

「意外と寒い」「案外寒い」

「意外に重い」「案外重い」

これらの例には、どこに違いがあるのでしょうか?

ネイティブも【意外】と【案外】の違いをあまり意識することはありませんが、それぞれ名詞への繋げ方やニュアンスの違いがあります。

 

【意外】の意味と使い方

必ず「意外と」「意外な」のように活用して名詞に繋げる

 「意(気持ちや思い)」の「外」にある 

【案外】より少し弱い

「意外と君は数字に強いんだね!」

「意外な彼の一面を見た。」

「彼女にそんな特技があるなんて、意外だ。」

「意外に君は太ってるんだね。」

 

【案外】の意味と使い方

「案外の」「案外な」と変化させることもあるが、「案外」のまま副詞的に繋げることが多い

 「案(アイデアや計画)の「外」にある 

【意外】より少し強い

「案外すぐに君の意見は通るんじゃないかな。」

「案外早く帰って来られた。」

「案外高かったので、思わぬ出費になった。」

 

例えば・・・

「意外と寒いね!」は、思っていたよりも寒い!

「案外寒いね!」は、これは計算外で計画と違う!という意味も含みます。

先生
先生
案外寒いから、着ているものを変更すべきかもしれないし、これからの予定を変える必要があるかもしれない…なんてニュアンスでしょうか。

とはいえ、どちらもかなり近い形で使われるので、ニュアンスを気にして話す日本人はほぼいないと思われます。

 

【意外】と【案外】の使い分け

「意外な成績」

「案外の成績」(文法的には

【案外】を名詞に付けるときは、「案外の」「案外な」と変化させます。

しかし、現代では【意外】を使うことが多いため、ネイティブには不自然に聞こえてしまいます。

「意外な出来事」

「案外な出来事」(文法的には間違いではない)

こちらも、「意外な出来事」と言うことがほとんどなので、「案外な出来事」というと違和感を持たれます。

【意外】は予想と違っていただけでなく、予想もしなかったことについても使えるといえます。

 

 

類義語【思いの外】【存外】と【意外】【案外】の違い

【思いの外】も【存外】も、【意外】【案外】と同じ意味

ですが、使う頻度や意味の強さの違いがあります。

使う頻度

>>>【意外】>【案外】【思いの外】>【存外】>>>

意味の強さ

>>>【思いの外】>【存外】>【案外】>【意外】>>>

こんなイメージです。

 

まとめ

  • 【意外】と【案外】の違い

【意外】は《思っていたことに反して》

【案外】は《計画していたことに反して》で少し強い意味

  • 【案外】は「案外の」「案外な」と使っても間違いではないが違和感を持たれる
  • 【思いの外】【存外】も同じ意味。使う頻度や意味の強さに違いがある

 

前回記事:【美しい】と【綺麗】の違いとは?

次回記事:【は】と【が】の違いとは?