「原因」「理由」の違いとは?英語は?例文・対義語・類義語「要因」から学ぶ日本人も知らない日本語


先生
先生
前回は「~ので」と「~から」の使い方の違いを学びました。
はい、「~ので」は【原因】、「~から」は【理由】を意味する言葉です!
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
では、【原因】と【理由】の違いはなんでしょう?
え、ええと…あれ?どちらも同じような…?
トラウマウサギ
トラウマウサギ

 

 

「ので」と「から」の違いとは?で、「~ので」と「~から」の違いを解説しました。

それでは、「~ので」が表す【原因】と「~から」が表す【理由】の違いとは何なのでしょうか。

 

【原因】と【理由】の違いとは

【原因】と【理由】は、日本人でも同じ意味と捉える人も少なくありません。

しかし、実は違いがあるこの2つ。

 

【原因】とは・・・対義語は【結果】

状態を引き起こした元になっていること

因果関係の結果の元になっている事柄

⇔対義語・反対語は、「結果

英語では”cause,source”など

ネガティブな事柄に使われることが多い

 

【理由】とは・・・対義語は【帰結

ある状態がそのようになったいきさつ

その人がそうしたわけ・事情

⇔対義語・反対語は、「帰結

英語では”reason,motive”など

ポジティブな事柄・ネガティブな事柄どちらにも使われる

 

例えば・・・

「事故が起こった原因は、運転者の飲酒によるものだった。」

「事故が起こった理由は、運転者の飲酒によるものだった。」

2つを比べてみると、①【原因】では、 「なぜ」事故が起こったのかという質問に答える大元 「飲酒運転」を強く指し示しています。

②【理由】では、 なぜ事故が起こったのかという問いかけに対して 「飲酒運転」と内容を伝えるニュアンスがあります。

トラウマウサギ
トラウマウサギ
いえ、先生、よく分かりません…
では、こんな例ならどうでしょうか?
先生
先生

 

【原因】はネガティブな結果によく使われる

「2人が結婚した原因を探る。」

「彼女が彼と結婚した理由は、節税対策だ。」

トラウマウサギ
トラウマウサギ
「結婚」というおめでたい事柄なのに、どちらもなんだか不穏ですね…。

【原因】という言葉は、ネガティブな結果の元を言うときに使います。

したがって、①は【原因】が書かれていないのに「結婚」をよく思っていない人の発言のように感じます。

②のように【理由】を使うのであれば、ネガティブな話にもポジティブな話にもなります。

「結婚した理由は、政略によるものだ。」

「結婚した理由は、彼が大好きだったからだ。」

その【理由】によって、「結婚」が良くも悪くも感じられますね。

 

【理由】は人の行動にも使われる

「彼女がダイエットする原因は、~だ。」

「彼女がダイエットする理由は、~だ。」

これらはどちらも間違いではありませんが、【原因】は人の意識的な行動(意思動詞を伴う)に使うと違和感が出ますね。

厳密には、上の場合【理由】が正解。

先生
先生
【原因】は、結果(事象や無意思の人の行動)に対して「なぜか?」を返す場合、【理由】は、人が何かをすることに対して「なぜか?」を返すときにも使えます。
ややこし~。
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
そこに人の意思が入っていないなら、【原因】は使えます。例えば、「交通事故」「自然災害」「殺人事件」「彼女が太った」「ドアが閉まった」など。
「殺人事件」は、人の意思が入るのでは?
トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生
先生
ここでの意思/無意思は、言葉の上でだけ考えましょう!
「殺人事件が起こった(無意思動詞)原因は、私怨によるものだ。」

「彼が殺人事件を起こした(意思動詞)理由は、被害者を憎んでいたからだ。」

 

類義語【要因】と【原因】の違い

【原因】と似た言葉に【要因】があります。

 

【要因】とは

主要な原因のこと

ポジティブな事象にも使える。

ビジネスや論文など、堅苦しい印象

「売り上げが伸びた要因として、インターネット広告の効果が考えられます。」

いろいろ原因はあるけれど、大きな原因が「インターネット広告」だったということですね。

 

まとめ

  • 【原因】は、因果関係の大元を言う。ネガティブな事柄に使われることが多い。
  • 【理由】は、人の行動のわけも説明できる。ポジティブでもネガティブでも使える。
  • 【要因】は、主な原因。

前回記事:【ので】と【から】の違いとは?

次回記事:【使用】と【利用】の違いとは?