【論理】【理論】【倫理】の違いとは?例文・英語から意味を分かりやすく解説|倫理的 論理的の違い


トラウマウサギ
トラウマウサギ
先生はミステリお好きですか?
はい、自前の理論から論理を組み立てて犯人を精神的に追い詰めていくタイプのミステリが好きですね。
先生
先生
トラウマウサギ
トラウマウサギ
え…コワ…

そういえば、「理論」と「論理」って違いがあるのでしょうか?

実はありますよ。違いを知らない人も多いですが、「セオリー」と「ロジック」というと分かりやすいでしょうか?
先生
先生
トラウマウサギ
トラウマウサギ
いえ!カタカナ語になってより分かりにくいです!
…ちなみに、「倫理」との違いも説明できますか?
先生
先生
トラウマウサギ
トラウマウサギ
ひー!

 

 

【論理】と【理論】の違いとは

【論理】と【理論】は、同じ意味だと思っている人も多いものですが、実は違いがあります

まずは2つの意味から見ていきましょう。

 

【論理】の意味と例文

思考や話を進めていく上での道筋

英語では、logic

「論理的な思考力を育てるために、絵本や紙芝居は必要不可欠です。」

「論理を組み立てていけば、この件は難なく解決する。」

「私は目的地に向かっている」⇒「しかし目的地は一向に現れず、ここがどこだかもよく分からない」⇒「私は迷子である」

のように「⇒」でつながっていく道筋が【論理】。

 

【理論】の意味と例文

事象を統一的に説明するため組み立てられた知識体系。

つまり、論理的に説明するための考え方

英語ではtheory

「この事象は、物理法則に理論づけられる。」

「彼は自身の理論を発表した。」

よく聞く「恋愛の理論(セオリー)」は、「好きな相手にアプローチ」→「ラブラブカップル爆誕」という論理(道筋)を作るためのもの

つまり、「相手に意識させる」「相手の好きなものを知る」など具体的なものが理論になっていきます。

 

例えば・・・

殺人事件が起こりました。

前人未到の難事件ですが、幸か不幸かその場には名探偵の姿が。

「彼は論理を組み立てて真相を探る。」

「彼は理論を組み立てて真相を探る。」

この場合、順番的には【理論】→【論理】

【理論】は、この場合解剖学や物理学など、「死体はもう冷たい…死後2時間というところが…」とか「銃痕に火傷の跡…至近距離から撃たれたんだ!」とか。

【論理】は、これらのヒントから犯人を探す道筋です。

「2時間前にコテージで故人と会えた人…あの人しかいない!」といった感じですね。

 

【論理】と【倫理】の違いとは

【論理】と字面が似ている言葉に【倫理】もあります。

 

【倫理】の意味と例文

人間生活の秩序の中で行うべき規範の筋道

英語では、ethics,morals(日本語でいうモラル

 

例えば・・・

探偵の例でいうと、

「倫理にしたがって行動すれば、犯人は殺人を犯すことはなかった。」

というように、明らかに探偵者の犯人は倫理的とはいえません。

【論理】と【倫理】は字面はよく似ていますが、意味は全く異なります。

 

まとめ

  • 【論理】と【理論】の違い

【論理】とは、議論を進めるための道筋。

【理論】とは、論理的に説明するための考え方。

  • 【論理】と【倫理】の違い

    【倫理】とは、道徳やモラル。【論理】と意味は全く異なる。

 

前回記事:【認識】と【認知】の違いとは?

次回記事:【倫理】と【道徳】の違いとは?