【海外の反応】日本人はなぜ列に並ぶの好きなの?電車や行列店で並ぶ日本人の謎|その理由は日本人の特徴にあった


日本人は、よく並ぶ。

日本人は、並ぶの好き。

日本人の特性に対する、海外の反応です。

なぜ日本人は列に並ぶのか?日本人は並ぶのが好きなのか?

今回は、そんな日本人の謎に迫っていきましょう。

 

 

日本人はなぜ列に並ぶの好き?海外の反応

日本人にとって列があって、そこに用事があるなら最後尾に並ぶのが当然のこと

または、行列の店を見ると「美味しいのかな?」と並んでみたくなるのも当然のこと

しかし、そんな日本人に対して海外の反応はこんな感じです↓↓

日本は割り込みがないのでイイね!

日本人は電車を待つときも並んでる。並ばなくてもいいのでは?というときも並んでる。不思議。

日本人の彼女が、いつも混んでる店にばかり行きたがる。並ぶのが趣味なのか?ってくらい!

日本で「行列のできる店」が人気なのはなぜ?「行列ができる」なら行きたくないでしょ

 

日本人は列に並ぶの好き?日本人の謎

海外の反応では、よく「日本人は列に並ぶの好き」とされていますが、本当なのでしょうか。

結論から言えば、答えはノーです。

列に並ぶ時間、時間を浪費すること自体を好む日本人はまずいないでしょう。

以下は、行列に並ぶことに関するとあるインターネット調査です。

【行列に並んだことがある?】

並んだことがある…70.2%

テーマパーク [並んだことがある人の]63.3%

飲食店(ラーメンなど)48.9%

美術展やイベント 27.0%

並んだことはない…22.8%

(DIMSDRIVEリサーチ 対象:3,811人)

並んだことがある人は圧倒的に多いものの、一定数並んだことのない人もいます。

そして、飲食店で並ぶのは半数以下という結果がでています。

つまり、半数の人は、「並ばなくても良いなら並ばない」という選択をしているんですね。

とはいえ、飲食店で行列に並ぶという選択をする人が半数近くいるのが不思議に映る国も多いもの。

【30分なら行列に並んでもいいと思える?】

飲食店(ラーメンなど)はい→71.1%

スイーツ店・パン屋さん はい→62.7%

名所や話題のスポット はい→61.0%

(DIMSDRIVEリサーチ 対象:3,811人)

レストランなどで「30分も列に並び待ちたくない」という外国人は確かに多いです。

それに比べて日本人は、「美味しいなら」30分が許容範囲である人が70%いるようです。

列に並ぶのが特に好きなわけではないけれど、食べ物や楽しみのために列に並ぶ人が多いというのが、正しいのかもしれません。

 

日本人はなぜ列に並ぶのか?その理由とは

それではなぜ列に並ぶのか?行列でも並ぶのはなぜ?

海外の反応を見ると、外国人が謎/不可解に思う日本人のパターンは2つ考えられます。

1つは、電車やバスを待つときやアトラクションで必ず整然と並ぶこと

もう1つは、行列の(混雑してすぐ入れない)レストランやお店に並ぶこと

この2つのパターンを、日本人の文化や行動理論から見ていきましょう。

【海外から見た日本人の謎】

・電車やバス、アトラクションで必ず整然と並ぶ

・行列のレストランやお店にあえて並ぶ

 

日本人が電車の列に並ぶ理由

なぜ日本人は順番に並ぶのか?

 ズバリ、それが日本社会のルールだから 

行列の1番後ろに並ぶことが社会通念上のルールであり、子どものときから「順番」を意識して教育されるからです。

トラウマウサギ
トラウマウサギ
むしろ日本人からすると、なぜ並ぶことが不思議と思われるのか…と思いますが…

日本であまり経験することはありませんが、海外で「並んでいたのに割り込みされた」という経験はよくあること。

きちんと並ぶ人ももちろん多いものの、なんの悪気もなく割り込むという人も多いです。

それは、国々のルールが異なり、後から来た人が最後尾に並ぶという文化自体がない国もあるからに他なりません。

先生
先生
「(人種の)ミックスサラダ」たるニューヨークのとある遊園地では、「割り込みしたら退場させます」という看板があったりします。

「日本人はなぜ列に並ぶの?」という海外の反応は、それぞれの国のルールと教育が違うからなんですね。

 

日本人が行列に並ぶ理由

本当は「好んで並ぶわけではない」日本人ですが、行列店や人気店に並んででも入りたいのはなぜなのか?

 ズバリ、日本が協調を大事にする文化であるから 

「周りと同じことをしたい」文化で育った日本人は、とりわけ流行や人気に敏感です。

 流行=多くの人が経験している 

という方程式で、行列店や人気店に並びたくなる心理が働くようですね。

先生
先生
タピオカが流行れば「タピります」し、マウリトッツォが流行れば「マウります」。

「並んでいるってことは美味しいに違いない!」というのは、もちろんどの国にもあること。

ガイドブックに載っている店に行列が…というのは何も日本人向けガイドブックだけに当てはまることではありません。

ただ、日本人の場合は行列に並ぶことへの抵抗感が他国よりも少ないのかもしれません。

 

日本では列に並ぶのが絶対のルール

列を作って待っている人がいる中で割り込みする。

それを「すばらしい!」とする文化は、どの国にもないと思います。

しかし、日本では「うっかり」列に割り込んでしまった、というのも非難の対象になるのでご注意を。

それが特に、「行列のできる人気店」だったりしたら、大バッシングもの。

面と向かって注意されることは少ないかもしれませんが、ヒソヒソされてしまうはず。

日本人も行列に並ぶこと自体が好きなわけではありませんから…。

 

前回記事:ビジネスでNG?ら抜き言葉の見分け方・法則!ら抜き言葉の一覧・問題点・例文

次回記事:日本語の起源が韓国語説って本当?日本は多言語国家?起源不明の日本語の謎分析!海外の反応も